虐げられる人のイラつかせる特徴4個

虐げられる人のイラつかせる特徴4個

虐げられる人には、虐げられる理由があります。

相手がいじめたいと思うような何かがあります。

虐げる側が普通の人を虐げられる人に変えてしまうのか、

虐げられる側が、普通の人を虐げる人にしてしまうのか。

虐げられる側の思考や行動などの特徴をご紹介します。

1.気の弱い人

気の弱い人は相手がなにか無理難題を言ってきても反発できず、

相手の意見や指示を受け入れてしまう人です。

そんな人は八方美人でもあり、色々な人にいい顔をし、

相手の依頼などを受け入れてしますイエスマンになってしまいます。

相手は何を言っても受け入れてくれると思い、

多少酷いことや過度なお願いをしてもいいのだと認識します。

そしてそれを受け入れ続けることでさらに虐げられ、徐々にレベルがエスカレートしていきます。

2.すぐ謝る人

相手が不機嫌になったり、ケンカになった際に、すぐに謝ってしまう人です。

自分に非が無いとわかっているのに、相手の機嫌をそれ以上損ねないためにとりあえず謝ってしまいます。

また、そういう人は自分が謝ることでこの場を収めるために自分が大人になって、

謝っているだけだと自分の心の中で言い訳をしています。

そして相手の機嫌が直ったのを見て自分の判断は正しかったと自分に言い聞かせます。

自分の判断が正しかったと思うことで、なぜ謝ってしまったのだろうと疑問や反省することもないため、

その対応が正しかったとインプットされ、次回同じことがあっても謝ってしますのです。

一方、相手は、その人が何をしても謝ってくるのでつけあがります。

さらにそんな気持ちは当然相手にも伝わっていて、

心にも思っていないのにその場を収めるためだけに謝っていると、

さらに相手をイライラさせ攻撃するきっかけを作ってしまいます。

3.相手に依存する人

自分一人では自立できず、相手に依存してしまう人です。

自分が信じている相手のため、自分がどれほど虐げられているか冷静な頭では考えられず、

その状況が普通だと思ってしまったり、自分が悪いので相手が怒ってくれている、

自分のために怒ってくれているのだと思い込み、相手への信頼度を高めていきます。

例えばそれがカップルの関係だった場合、友達や家族などの周りの人間から、

いくら距離を置くべきだと言われても自分だけはその人の良い所を知っている、

と意味の分からない信念を持って相手を信じてしまい、周りの意見を聞かない頑固な人が多いのです。

周りが彼のことを悪く言おうものなら、必死に彼の良い所をアピールし、

自分が彼と付き合っているのは正しいのだと周りを説得しようとします。

そして、相手は何をしても自分から離れないと分かっているので、さらに虐めてきます。

4.優柔不断な人

自分で決断することが出来ず、相手に決断を委ねることが多い人です。

相手からするといつまでたっても決められない姿をみてイライラするのと同時に、

コントロールしようと思わせてしまいます。

さらに優柔不断な人に限って、自分で決められず相手に決めてもらった結果、

自分が思った方向に行かなかった場合、自分が決めたことではないからと心の中で言い訳をします。

その気持ちは決して相手に口に出して伝えることはしませんが、

どこかそのうまくいかなかった結果を他人事のように見ているため、

相手にもそんな気持ちは見透かされておりさらにイライラさせ攻撃の要因となります。

自分は悪くない、と客観的に物事を見られなくなっている人が多いのです。

いかがでしたか。

虐げられていると、自分でも気づかないうちに自分の性格が変わっていきます。

以前は明るかった性格も、暗くなり、自分が悪いというネガティブな思考へと変化します。

一方で周りの意見は聞かず自分を正当化するという頑固な一面もあります。

怖い所は自分で自分の変化に気づいていないこと。

そして周りに自分の変化がばれていないと思っていること。

自分のことを客観的に見られなくなっていることが最大の特徴だといえる。

虐げられる人のイラつかせる特徴4個の関連記事