LINEのサブ垢を持つ人の理由5個

LINEのサブ垢を持つ人の理由5個

ツイッターやインスタグラムなどでも度々みられる裏垢なるアカウント。

あなたの友人にも「知り合いだけ」「裏垢です」なんていうプロフィールのアカウントを持った人がいると思います。

また、ビジネスの関係で複数のアカウントを持つ友人なんかもいるのではないのでしょうか。

それと同じように、LINEのサブ垢を持つ方も中にはいますが、

その理由に挙げられるものとは果たしてどういったものなのでしょうか。

1.非常用として所持している

LINEのアカウントで表示できるひとこと機能において「携帯電話を紛失してしまったたので、

連絡はこちらにお願いします」といったひとことが書かれているアカウントがあると思います。

携帯を紛失した際には連絡手段が絶たれてしまうので不便な点も出てくると思いますので、

iPodなどのWi-Fi機能を持った端末や、代替え機などで作成した非常用のアカウントで、

そういった処置を取るために作成しているということが考えられます。

2.ビジネスにおいて必要

ビジネスにおいて、集客の仕事などの関係で仕事の効率化を図るために、

複数の端末で複数のアカウントを掛け持ちすることも見受けられます。

ツイッターなどのSNSを介してジャンルによってアカウントを分けて提示することで、

事業ごとのグループに分けて効率化を図っている場合があります。

3.旧アカウントがもう稼働していない

バグやシステム障害など何らかの理由で、旧アカウントが使えなくなってしまい、

新しく登録し直したことで、データの更新がされず、アカウントが重複してしまったことで、

サブ垢ができたかのように見えることも考えられます。

経験上、チャット送っているのに未読無視されて返信が全く来なかったけど、別のアカウントに送ったら返信がきた。

後日、別のアカウントからメッセージが届いた。

なんてことがあったと思います。

これらの理由としては知らない間にアカウントが二つあったなんてこと経験もあったはずです。

4.ゲームなどの複数データ作成

一部のゲームアプリにおいて、LINE連携が取れたりLINEアカウントを使用してゲームがプレイできるアプリがあります。

複数のデータでやり取りしていくために、複数のアカウントを作成している人も中にはいます。

マルチプレイなどで複数のアカウントを操って確実にクリアを目指していくためなどや、

ガチャなどで強いアイテムやキャラを出す確率を上げるためなんかにも使われている方法ですね。

5.タイムLINEで愚痴こぼし

LINEのタイムLINE機能で愚痴や不満なんかをこぼしたい。

そんな時に裏垢を作ってひたすらに愚痴や不満を書き込んでストレスを発散するという理由でアカウントを作っている人もいます。

本来であれば番号を持つ端末でアカウントを作成すると電話番号を持っている知り合いのアカウントが、

相手が自分の番号を持っていれば自動で友達追加される機能がiPodなどの番号を持たないアカウントなどでは、

その機能はほぼ無意味になるので一人だけの空間として愚痴や不満をひたすらぶつけられるということです。

さまざまな理由を持って複数のLINEアカウントを所持している人がいますが、

最後にどうやったら複数のLINEアカウントを持てるのかその作成方法を簡単に紹介します。

一度LINEアプリを消去し、もう一度LINEアプリを取得します。

FaceBookのアカウントでログインという機能があるので、そちらをクリックすることで連携が完了し、

年齢確認や他の手続きを完了することで、サブ垢の利用ができるようになります。

あなたもサブ垢と本垢でLINEを使い分けてみてはいかがでしょうか。

LINEのサブ垢を持つ人の理由5個の関連記事