LINEで誤爆する人の特徴4個

LINEで誤爆する人の特徴4個

LINEはメールよりも気軽に遅れてしまう分、とんでもない文章を送ってしまったり、

送る相手を間違えてしまったりするという「誤爆」をしてしまう人も増えています。

中には、以前の誤爆を反省せず、何度も同じ失敗を繰り返す人もいます。

では、LINEで誤爆をする人には、どのような特徴があるのでしょうか。

1.LINEの友達が多過ぎる

LINEの友達を増やし過ぎ、誰が誰だか把握しきれていないような人は、

LINEで何度も誤爆をしてしまうことが多くなります。

友達が多過ぎると、「相手の名前と顔が一致しなくなる」という現象が起こります。

ましてや、相手の顔が見えないLINEにおいては、このような状況が更に起こりやすくなります。

特に、似たような名前の友達が何人かいた場合、益々誰が誰だかわからなくなってしまいます。

その結果、間違った相手にメッセージを送ってしまう確率も高くなります。

LINEの友達が多い人は、メッセージを送る前に、

「送る相手は本当にこの人で大丈夫か」ということをしっかり確認する必要があるでしょう。

2.「人にLINEを送る前に文章を読み返す」という習慣がない

LINEを誤爆してしまう人は、

「人にLINEを送る前に、自分が作成した文章を読み返す」という習慣を持っていないということが特徴です。

このタイプの人は、文章を作成したら、内容や送信相手を冷静に確認することなく、

そのまま勢いで送信してしまう傾向があります。

そのため、当然、誤爆する確率も高くなります。

彼らは、「一呼吸置く」ということが苦手です。

そのため、LINEの文章を作成したら、次の瞬間、「早く送らなければ」という思いに駆られてしまいます。

その結果、何も確認行為をすることなく送ってしまいます。

そして、誤爆に気づいた時、後で後悔するという悪循環を繰り返すのです。

3.何も考えず、感情の赴くままにLINEを送ってしまうことが多い

LINEを誤爆してしまう人の大半は、普段から、何も考えずに、感情の赴くままにLINEを送ってしまうことが多くなります。

彼らはLINEを送る時、「このような文章を送ったら、受け取った相手がどう思うか」ということまで想像が働きません。

感情が高ぶり、「LINEを送りたい」と思ったら、その場ですぐに送らない時が済まない性格です。

そのため、文章の内容を考える余裕はありません。

場合によっては、送信先を確認して送るということをする余裕すらない時もあります。

これでは当然、誤爆を繰り返すのも無理はありません。

普段から感情に流されやすい傾向があり、冷静に自分をコントロールできない人は、

感情の赴くままにLINEを送っては誤爆し、人間関係のトラブルを起こし続けるのです。

4.2人以上の人と同時にLINEのやり取りをすることが多い

「2人以上の人と同時にLINEのやり取りをすることが多い」という人は、誤爆をしやすい傾向があります。

LINEは、会話と同じような雰囲気でできる分、やり取りが盛り上がってくると、

「相手の言葉に対して、早く返信したい」という思いばかりが先立つようになります。

そのため、2人以上の人と同時にLINEをしている場合、

このような状態になると、送信先を確認する余裕などなくなってしまいます。

その結果、誰にどの言葉を送ったのかわからなくなり、誤爆してしまうようになります。

複数の人と同時にLINEをする時は、送信前に必ず相手の名前を確認しないと、後で大きなトラブルになります。

LINEの誤爆をする人は、「送信する前に一呼吸置いて、

文章や送信先を確認するということが習慣化されていない」というケースがほとんどです。

「早く相手にLINEを送りたい」という興奮ばかりが先立っているため、確認行為が疎かになっているのです。

LINEの誤爆を避けるためには、まずは冷静になり、

LINEを送る前に文章や送信先を必ず確認することを意識するようにしましょう。

焦りの気持ちがなくなれば、誤爆することもなくなっていきます。

LINEで誤爆する人の特徴4個の関連記事