LINEがそっけない人の心理的特徴4個

LINEがそっけない人の心理的特徴4個

LINEでの長いやりとりを楽しんでいる人もいる一方で、

LINEがそっけなく、いつも短い一言しか送らないという人もいます。

彼らのLINEはなぜそこまで淡白なのでしょうか。

そこで、LINEがそっけない人の心理的特徴についてご紹介します。

1.連絡ツールに頼るよりも、実際に相手と会って話す方が好き

LINEがそっけないからと言って、その人が「人とのコミュニケーションが嫌いである」というわけではありません。

むしろ、LINEがそっけない人の中には、「人と接することが大好き」という人も少なくないのです。

では、なぜ文章がそっけないのかと言うと、

彼らは「人とコミュニケーションをする時は、できれば実際に会って話したい」と考えているからです。

そのため、コミュニケーションを、LINEという連絡ツールだけに頼りたくないのです。

このタイプの人は、どんなにLINEがそっけなくても、

実際に会うとよく話すタイプであったり、明るく活発なタイプであるというケースが少なくありません。

そのため、LINEのそっけなさとは180度違ったイメージを人に与えてしまい、相手を驚かせてしまうこともよくあります。

2.人とコミュニケーションをすることに緊張を感じている

LINEがそっけない人の中には、極度の恥ずかしがり屋であるという人も少なくありません。

このタイプの人は、「人とコミュニケーションをする」という行為そのものに、常に緊張を感じてしまいます。

そのため、LINEをする時も緊張のあまり、そっけない言葉しか出てこなくなってしまいます。

もちろん彼らにも、「もっと気が利いた言葉をLINEで送りたい」という願いはあります。

しかし、そのためにどうしたら良いかがわからないため、そっけない対応になってしまいます。

誰とLINEをする時もこのような状態になってしまうため、

彼ら自身もこの悪循環に対して、人知れず悩んでいるのです。

3.LINEそのものがあまり好きでなく、面倒だと感じている

「本当はLINEが好きではないけれど、友達との付き合いのために渋々アカウントを作った」という人は、

LINEがそっけない傾向があります。

このタイプの人は、元々マメに連絡を取る方ではありません。

そのため、「本当はLINEなどやりたくない」というのが彼らの本音です。

その結果、「人と連絡を取らなければいけない時だけ、必要事項のみを送る」という使い方をするため、

どうしてもそっけない文章になってしまいます。

しかし、このタイプの人の場合、基本的にLINEを放置してしまうことが多いため、

そっけないLINEであっても、「連絡や返信が来るだけまだ良い」と考えるしかありません。

4.異性が相手である場合、その相手に対して好意を抱いている

異性に対するLINEがそっけない場合、その相手を「その他大勢ではない、1人の異性」として意識しており、

相手に対して好意を抱いている可能性が高いと言えます。

相手の異性に対して恋愛感情に近い気持ちを持っている時、

人は「目の前の相手に対してどう接して良いかわからない」というあたふたした状態になります。

しかし、自分の気持ちが相手にばれてしまうのも恥ずかしいので、

ついついそっけない対応をして、自分の気持ちをひた隠しにしてしまいます。

但し、「そっけないLINEが1・2通だけ来て、後は連絡が途絶えてしまった」という場合は、

残念ながら、恋愛感情を抱いたことが原因でそっけなくしたというわけではありません。

相手に対して好意を抱いている場合は、「そっけないLINEではあるけれど、マメに連絡や返信が来る」という場合です。

LINEがそっけない人の中には、「LINEで連絡を取り合うことそのものがあまり好きではない」という人もいれば、

「緊張してそっけなくなってしまう」という人もいます。

場合によっては、LINEの向こう側にいる相手に対して、恋愛感情のような気持ちを抱いているというケースもあります。

いずれにせよ、その人本人にしかわからない、デリケートな事情があることは確かです。

そのため、身近にLINEがそっけない人がいても、深く追求せず、

その人のペースに合わせてやりとりをするという配慮が大切です。

LINEがそっけない人の心理的特徴4個の関連記事