LINEのやりとりで脈なしな人の特徴6個

LINEのやりとりで脈なしな人の特徴6個

気になる人とのLINEをやりとり。

残念ながら脈がないのに、想いをかけていても、辛くなってしまうもの。

脈なしLINEの特徴をリストアップしましたので、チェックして当てはまったら、

残念ですが脈なしの可能性が大です。

1.返信が遅い、もしくはない

気になる人のLINEは、すぐに見たくなっちゃうもの。

返事も必ずします。

わざと焦らしてゆっくり返すという人もいますが、2日も3日もたっても返信がないということは脈なしでしょう。

もし気になっている人のLINEに返信が遅ければ、遅くなったことをあやまるメッセージがあるもの。

ごめんなさいメッセージもないのに、遅いのであれば脈なしでしょう。

2.返信がスタンプだけ

気になる人の質問には、ていねいに答えたいものです。

スタンプと文章で返信してくれているなら問題ありません。

質問の返信が、スタンプだけで終わってしまっているなら、

相手はあなたの質問に回答するのを手間に思っているのかもしれません。

1回だけなら問題ありませんが、いつも返信がスタンプしかないのであれば、

あなたとのLINEに時間をかけたくないと思っているのでしょう。

これも、脈なしの可能性が大ですね。

2.返信が文字だけ

返信が文字だけで、スタンプや絵文字がないのも、脈なしLINEの特徴です。

会話が事務的で固いものになってしまいます。

絵文字や顔文字を使わないのであれば、必要なこと以外は連絡したくないと思われています。

相手はコミュニケーションを積極的にとりたいとは思われていないと言えるでしょう。

3.相手からLINEの会話がスタートすることがない

気になる相手なら、話をして見たいと思うものです。

いつもあなたから、会話をはじめてばかりで、相手から来ないのであれば、脈なしの可能性が大きいです。

毎日のようにあなたが、送っているのなら、あえて少し時間を空けて見ましょう。

気になる相手からLINEが来なければ、不安になって向こうから送ってくれるはずです。

もし、来ないのであれば、残念ながら、向こうはあなたのLINEをそれほど大切に思っていないのでしょう。

4.相手からの質問が来ない

気になる相手のことは知りたいと思いますよね。

ひんぱんに質問のLINEが来るということは、それだけで脈ありの可能性が高いということです。

反対に、あなたに対しての質問のLINEが来ないということは、それほど興味を持っていない可能性が大きいですね。

5.質問に答えしか返ってこない

気になっている人なら、質問すれば、質問を返してきたり、

その話題について返してきたりと、会話がずっと続いていこうとするもの。

質問に関して、返事だけが来て会話が続かないのであれば、

あなたとのやりとりを面倒だと思っている可能性があります。

6.グループLINEに誘導される

あなたと気になる相手の二人が所属するグループLINEがあり、

そちらの会話ばかり弾むようであれば、まだ友達の関係ということになります。

二人だけで話す関係ではないと思われている可能性があります。

友達としては受け入れられていても、恋愛という点で見ると、これも脈なしのサインです。

残酷なようですが、以上の条件に3つ以上当てはまってしまっているなら、ほぼ脈なしと思っていいでしょう。

すっぱりとあきらめるのが吉です。

新しい出会いを見つけるのが、いちばんの早道です。

どうしても諦められないのであれば、あなたから積極的に攻めて見ましょう。

相手から好意を持たれていると思えば、今まで気にならなかった人が急に気になることもあります。

わずかな可能性ですが、チャレンジして見てください。

LINEのやりとりで脈なしな人の特徴6個の関連記事