LINEの返信が早い男性の心理4個

最終更新日:2016年9月2日

男性とのLINEのやりとりで、返信までの時間は内容と同時に気になるもの。

LINEの返信が早い男性は一体どのような心理で送ってきているのか

その心理的特徴をご紹介します。

1.早く返信が欲しい

LINEの返信が早い男性の中には、

早く相手からも返信が欲しいという思いを持っていることがあります。

やりとりを多くしたいという思いや、途切れたくないという思いが隠れており、

長くLINEのやりとりをしたいと思っていることでしょう。

そこには、あなたのことをもっと知りたいという気持ちと、興味があるという気持ちが伺えます。

男性の中で、あなたのことが気になっている、

もしくはもう既に好きな気持ちがあると言っても良いかもしれません。

このように感じている人は、頻繁にLINEをしてきたり、やりとりが男性で終わらないという傾向も見られます。

2.責任感が強い

「早く返信しなきゃ」「答えてあげないと」という責任感から、LINEの返信が早くなっていることも考えられます。

責任感が強い人、真面目な性格の人は、相手が誰であろうと、

返信を必ずし、出来るだけ早めに送るように心掛けていることでしょう。

また中には返信しないと落ち着かないという人もいます。

メッセージがきていることを分かった時点で、返信しなければならないという思いを持ち、

返信するまで気になってしまいます。

他の友人にも返信が早い、自分からはLINEしてこないという特徴を持っているならば、

このような心理が考えられるでしょう。

3.相手を早く自分のものにしたい

男性の中で、LINEしている相手が好きな人であったなら、早くものにした、

彼女にしたいという思いが強く出ることもあります。

そこには焦りの感情であったり、切羽詰まっている状態であることが伺え、

返信を早くすることで急かしていることも考えられます。

例えば女性の返信が遅かった場合でも、自分だけは返信を早くする。

この時に考えられるのが、女性がなるべくすぐに返せるように、

送ってきたタイミングで返信すれば、すぐに気付いてくれるだろうという思いです。

返信が待てないのではなく、相手が気付いているタイミング、

相手がスマホを手にしているタイミングで送りたいという気持ちがあります。

どちらにおいても、そこには焦りの感情が隠されており、

早く女性を自分のものにしたいという気持ちから、返信が早くなっていることでしょう。

4.単なる暇つぶし

その時によって返信の時間が異なるという場合は、返信の早い時は単なる暇つぶしかもしれません。

その時たまたま一人でいて、何もすることがないとなると、スマホをずっと眺めてしまう人もいます。

眺めている最中にLINEがくれば、そのまま返信する。

そこには特別な感情が込められていないこともあり、

状況によって返信の早さが違うのであれば、まだ期待は持てないでしょう。

返信が早い時に「何してるの?」と聞いてみると、大抵「何もしてない」「暇してた」という内容が返ってくるもの。

逆に誰かと遊んでいたり、何かに夢中になっている時は、一日中返信がこないということもあるでしょう。

気になる男性とLINEをしている時、内容も気になるものの返信までの時間も気になるもの。

その時間すらも脈ありかどうか見極める一つの材料としている女性は多く、

どんな思いで送ってきているのか知りたいと思う人もいるでしょう。

内容がいくら良いものであっても、返信までの時間がバラバラだったり、

すごく遅いという場合は、好意ではなくその人の優しさによるものであることも。

内容と同時に、返信までの時間をチェックして、自分への気持ちを探ってみると良いでしょう。