LINEのやりとりで脈ありな人の特徴6個

LINEのやりとりで脈ありな人の特徴6個

気になる人からのLINE。

これって脈あり、それとも脈なしなの、見分けるのって難しいです。

脈ありなら、全身を注いでやりとりをして、次のステップにつなげたいですよね。

今回はLINEのやりとりで脈ありな人の特徴をご紹介します。

1.既読と返信が早い

やっぱり興味がある人のLINEは、気がつけばすぐに見たくなるものです。

仕事が終わっていそうな時間に送って、すぐに既読になり、返信が来たら脈ありです。

遅くなった時に、既読スルーことへのお詫びなどがあることも脈がある証拠です。

返信が遅くても、あなたのことを大切に考えているから、メッセージを考えていて遅い可能性もあります。

遅いことが脈なしでは、ありませんので誤解しないでくださいね。

上級者になると、既読を早いのと遅いのを混ぜて、振り向かせる高等テクニックを駆使してくる人もいます。

気があるからこそ、振り回そうとしているので、これも脈ありサインの一つになります。

2.会話の開始が向こうからもある

男性は自分からLINEをあまりしない人が多いです。

向こうからもLINEが来たのであれば、あなたに脈がある可能性は高いでしょう。

自分からばかりLINEをしているのであれば、なかなか厳しいと思います。

しょっちゅう男性からLINEが来るのであれば、興味を持っていることは確実です。

先方が、女性の場合は、友達関係でもLINEをすることがあるので、

必ずしも当てはまるものではありません。

3.絵文字・顔文字が使われている

スタンプは、メッセージを返すが面倒なので使っている可能性は否定できませんが、

メッセージに絵文字や顔文字が使われて入れば、脈ありの可能性大です。

はっきり伝えることが照れくさいことを、絵文字や顔文字で表現するのは、脈ありLINEの特徴です。

ちょっとした一手間が、惜しくない相手になっているということです。

4.グループLINEをしたがらない

グループLINEでの会話ばかり盛り上がるようであれば、脈がないと言えます。

反対に、二人のLINEで話すと言うことは、脈がある証拠です。

思っている相手を独占したいと言う気持ちは誰しも少なからず持っているもの。

二人だけで会話をしたいと思っているならば、脈ありと思っていいです。

5.おつかれさまメッセージが頻繁に届く

気になる相手が、仕事を終えた後は、一言メッセージを送りたくなるもの。

これだけ気にしているんだよ、ということのアピールです。

あなたのことを気にしていないと、仕事終わりにメッセージを送るくことはできません。

頻繁に、おつかれさまメッセージが届くのであれば、相手があなたのことを気になっている証拠。

6.好き嫌いの質問が多い

気になる相手の好みって知りたくなっちゃいますよね。

あなたが何が好きか嫌いかということを質問してくるのは、相手があなたのことを気にしている証拠。

デートや恋愛をするにあたって好みの情報は、たくさん知りたくなります。

頻繁に好き嫌いについて聞かれるのであれば、脈ありの可能性大。

無意識に将来のデートのことを考えてくれてるのかもしれませんよ。

奥手な方は、脈ありだな〜と思わせないと、恥ずかしがって脈を出して来ないこともあるので、

当てはまるポイントがいくつかあったら、積極的にアタックしてみると、脈ありサインがたくさん出て来ますよ。

周りを見ていると、お互いに恥ずかしがって機会を逃してしまっている人がたくさんいます。

恋愛は経験値が高いほど、成功しやすくなります。

ぜひ、脈ありLINEを見かけたら、積極的にやりとりをして、機会を逃さずアタックしてくださいね。

あなたの幸せを応援しています。

LINEのやりとりで脈ありな人の特徴6個の関連記事