発音が聞き取りにくく、表現力が乏しい舌足らずな人たち。

アナウンサーのようにはっきりと聞き取りやすく話せたら、人前で話すときも自信を持って話すことができますよね。

舌足らずだと相手と会話をすることに苦労するので、人前で話すことに自信が持てませんよね。

今回は「舌足らずな人」の特徴について見ていきます。

舌足らずな人には実は悪い特徴だけではなく、いい特徴もあるんですよ。

では、見ていきましょう。

1.発音できない行がある

舌足らずな人には発音できない行があります。

普通に発音できる人よりも口があまり動いていなかったり、舌の筋肉が鈍いことにより、発音しにくい行ができてしまうようです。

苦手とされる行は、サ行タ行ナ行ラ行が発音しにくいとされています。

外国人が日本語を学ぶときにも発音に苦戦するといわれている行とも言えます。

さの発音がシャになったり、すの発音がシュになったりとはっきりとその行をいうのが難しいようです。

2.喋り方に幼さが残る

舌足らずな人の喋り方には幼さが残ります。

はっきり発音できないこと、単語数が少なく言葉の表現に詰まったりすることがその原因のようです。

喋っていても小さい子どもと話しているかのような可愛いさが残ります。

必死に何かを伝えようとしたり、怒っていても可愛く見えます。

言いたいことがうまく相手に伝わらず、本人は必死になるあまりにイライラするかもしれませんが愛嬌が残り、人から可愛がられることが多いです。

3.ぶりっ子のような甘えた口調である

舌足らずな人の口調は幼さが残り、ぶりっ子のような甘えた口調に聞こえます。

伝えたいことを頭で整理しきれていないのでゆっくりと相手の目を見て伝えるので余計に甘えたように見えてしまうかもしれません。

また滑舌が悪いために鼻にかかったような声になってしまうときもあります。

声色も口調も甘えたような雰囲気になり、異性からはかわいいと思われることも多いです。

男性ウケがいいことから意図的に舌足らずを演じる女性もいます。

ぶりっ子な女性には騙されないように気をつけてくださいね。

4.表情が硬い

舌足らずな人は表情筋が硬く、表情が強張ってしまい硬くなりがちです。

話すことに必死になって顔を気にする余裕を持つことができない状況でもあります。

何かを必死に伝えようとして、必死感が顔に出てしまうようです。

誰かに何かを伝えるということが舌足らずな人にはとてもパワーを使うことです。

相手に理解してもらえないことに苦労しており、話すことに自信を持てていません。

そのために表情筋が硬くなってしまうのも無理ありません。

5.聞き取りにくく、人をイライラさせる

舌足らずな人は話が相手に伝わりにくく、人をイライラさせてしまうこともあります。

何度も何度も同じことを聞き返され、会話が成り立たず、相手がイライラしてしまいます。

本人にとっては必死に伝えようとしていますが、相手にとっても舌足らずなことを理解していても何度も聞き返すのも疲れます。

要点だけまとめて相手に伝えるようにするなど会話がスムーズに行くように工夫が必要です、

6.いじられらことが多い

舌足らずな人は聞きにくいことからいじられることが多いです。

幼い性格が残っている部分があり、いじられても本気にとってしまい、すぐにムキになってしまいます。

からかう側からすると反応がいいとからかうのも楽しいですよね。

余計にからかってしまうケースも多くなります。

本人にとってはコンプレックスで傷つくこともあるので、程々にしてあげてくださいね。

7.男性からモテる

舌足らずな女性は、男性からモテます。

可愛らしい口調や甘えた口調が男性ウケが良く、柔らかい雰囲気が親近感があります。

どんなに怒っても可愛らしく見えるので一緒にいても険悪な雰囲気になることがありません。

また舌足らずな女性は、甘く可愛らしい雰囲気から男性にとって守ってあげたくなる存在であると言えます。

なにをしても幼さが残ってしまうので放っておくことができません。

ハキハキと喋る元気な女性も人気がありますが、ゆっくりと柔らかい口調で可愛らしく話す舌足らずな女性に男性は癒されるようです。

舌足らずな人にはたくさんの苦労があります。

うまく相手に伝えることができる表現力、単語力が乏しいこと、滑舌がきちんと発音できないことなど本人は相手にうまく話すことができないことがコンプレックスとしています。

しかし、人をイライラさせることがたまにありますが舌足らずな人は愛嬌があり、愛されキャラであることがわかります。

また舌足らずな女性の場合は男性ウケもよく悪いことばかりではありません。

意図的にぶりっ子を演じる女性が舌足らずな女性を演じることがありますが、伝える時の必死感でぶりっ子であるかどうか見破ることができます。

可愛らしい口調であってもぶりっ子には引っかからないように気をつけましょう。