めんどうくさがりな人の特徴6個

めんどうくさがりな人の特徴6個

世の中にはテキパキと働く方や、めんどくさがりな方などたくさんのいろいろな方がいます。

また、その人達と日々の生活を共にしていると人間関係でイライラしたり等ありますよね。

その中でも今回は、めんどくさがりな人の特徴についてご紹介していきます。

1.仕事を後回しにする

めんどくさがりな人の特徴としてまず最初に挙げられるのが、仕事を後回しにすることです。

何か仕事を頼まれた時に、「あ~めんどくさい」、「めんどくさいからお前がやれば?」などを言ってくる人たちです。

仕事が溜まっていてもめんどくさいから、明日からやろうということになり、いつまでたっても仕事が終わりません。

実行力がありません。

しかし、こういう人には能力が高い人多いです。

できるのにやらない…。

めんどくさいですね。

対応として、下手に出てお願いすると案外すんなりやってくれるものです。

それか放っておきましょう。

2.お金がたまらない

コンビニによく通う人はめんどくさがりです。

スーパーなどで飲料などは買った方が断然安いのですが、ついつい近くにあるので寄ってしまいます。

スーパーまで行けばいいのにと思いますが、その距離を歩くまたは行くのがめんどくさいのです。

3.人間関係を嫌う

めんどくさがりの人は、他人のことにあまり関心や興味がない。

自分に興味があることしかしません。

人に合わせるのが、大変ストレスを感じます。

人に合わせたり一緒に行動するのが、めんどくさいのです。

なので、協調性がない為、仕事でもコミュニケーション能力が欠如しています。

4.休みの日にはベットから動かない

休日などは、掃除をしたり、洗濯をしたりと平日に溜まっていたことをすんなりとやる人もいます。

しかし、めんどくさがりの人はベットから動こうとしません。

だらだらとベットの上で過ごします。

食事や趣味などをベットの上で終わらせます。

5.自分のスキルアップに向けた勉強が嫌い

社会人になると、仕事の専門知識を身に付けたり、仕事に必要な資格試験の勉強をしたりと普段から勉強する機会が多いと思います。

めんどくさがりの人は勉強(努力)することが嫌いです。

勉強しなくてもどうにかなるだろうや他の人に任せておけばいいなど他力本願です。

資格勉強などは毎日コツコツと勉強して身に付けますが、コツコツする作業が大っ嫌いです。

継続力がありません。

6.恋愛をするのが嫌い

恋愛をすることは、大変良いことですよね。

恋愛をすることによって仕事に頑張れたり、プライベートが充実します。

誰かを想うというのは、大変素晴らしいです。

しかし、めんどくさがりの人は、その恋愛も嫌いです。

彼女や彼氏に合わせるのがめんどくさいのです。

しかも、誰かを好きになっても「どうせ俺なんか、私なんか…」とマイナス思考な考え方をします。

なので肝心なときに必要な行動力がありません。

いかがでしたか。

様々な内容を書いてきましたが、主にめんどくさがりの人の特徴として、

1.行動力がない2.協調性がない3.継続力がない4.他人に厳しく、自分に甘い。

以上の4点が当てはまります。

行動力がないのは目標がないからです。

仕事に今日はここまでは必ず終わらせるなど、日々の進捗を把握して仕事に取り組むことが重要です。

仲間のことを少しは考えて、自分がこうしたらうれしいなどを仲間にしてあげることです。

その人がよろこんでくれたらまたやってあげようしてあげようと、他人の事を考えてあげれます。

勉強などは、成功体験が必要です。

小さなことなどでもいいので、成功して達成感を味わいましょう。

それが病みつきになり継続して勉強に取り組めます。

めんどくさがりの人の特徴を上げてきましたが、自らがめんどくさがりにならないように人生を楽しみましょう。

めんどうくさがりな人の特徴6個の関連記事