告白されたい男性の特徴4個

告白されたい男性の特徴4個

ひと昔前は、「告白は男性から行う」という形が大半でした。

しかし最近は、「できれば女性の側から告白してきてほしい」と願う男性が増えてきています。

なぜこのような逆転現象が起きているのでしょうか。

そこで、告白されたい男性の共通する、具体的な特徴についてご紹介します。

1.元々気が小さく、度胸がない性格である

告白されたい男性の大半は、元々気が小さいタイプであるということが大きな特徴です。

彼らは、度胸がないため、自分が好きになった女性に対して、どんなに頑張っても告白することができません。

そして、誰かを好きになるたびに、「好きだけれど、告白する勇気がない」というジレンマを抱えて苦しみます。

そのため、「好きな女性に対して、自分から告白する」という選択肢が、

いつしか彼らの中から消えていき、「できれば女性の方から告白してくれれば嬉しい」という受け身の姿勢になってしまいます。

その結果、自分が好きになった女性に対して思わせぶりな態度を取ることはありますが、それ以上の行動は一切起こしません。

行動を起こした結果、自分が傷つくかもしれないということが恐くて仕方がないからです。

2.恋愛経験が乏しく、どう告白したら良いのかがわからない

告白されたい男性の中には、今までの恋愛経験が極端に少ないという人も多くなります。

彼らは、誰かを好きになっても、「その次はどのような行動に出たら良いのか」ということが全く分からないのです。

そのため、好きな女性ができても、ただ1人で途方に暮れるばかりです。

そして、「人を好きになって途方に暮れる」という状態が続くと、心が委縮して硬直してしまい、

「告白するべきなのかもしれないが、どんな言葉で告白したら良いのかわからない」と、

必要以上に告白というものを難しく考えてしまいます。

その結果、全てが面倒になってしまい、「できれば女性側から告白してきてもらえれば有り難い」と考えるようになります。

3.「恥ずかしそうに告白してくる女性の姿」が好き

告白されたい男性の中には、「一生懸命恥ずかしそうに告白してくる女性の姿」がとても好きだというタイプの人もいます。

女性が勇気を出して、恥じらいをにじませながら必死で自分の気持ちを伝えようとしている姿は、

男性の目には、健気でいじらしく見えます。

そして、特にこのタイプの人は、健気でいじらしい女性が大好きです。

彼らは、そんな女性の姿を見たくて、わざと自分からは告白しないようにしています。

このタイプの男性は、ある程度豊富な恋愛経験を持っているというケースが多くなります。

そのため、思わせぶりな態度をわざと女性に見せ、女性が「告白せざるを得ない状況」を作り上げることも上手です。

4.女性から告白されることで、「自分はモテる」と再確認したがっている

ある程度恋愛経験が豊富で、女性からモテるタイプの男性の中にも、

「女性から告白されたい」と願っている男性は少なくありません。

このタイプの男性は、自分が持てることに対して、自信と優越感を抱いています。

そして、あえて自分から告白せずに、女性から告白させることによって、

「やはり自分はモテるタイプの男性なのだ」と再確認したいと思っているのです。

ただ、このタイプの男性は、自分の中の優越感を満たしたいためだけに、女性に告白させるという場合がほとんどです。

そのため、女性に、告白を促すような思わせぶりな態度を取ったとしても、

その女性に対して本気の恋心を抱いているかどうかは不明です。

いかがでしたか。

告白されたい男性には、いくつかのタイプが存在します。

「恋愛や自分に自信がない」というタイプ、「いじらしい女性の姿を見るのが好き」というタイプ、

そして「自分がモテるということを再確認したい」というタイプです。

ただ、どのタイプにも共通するのは、「多かれ少なかれ、女性をヤキモキさせることが多い」ということです。

女性の大半は「男性から告白されて、お姫様のような気分を味わいたい」と考えています。

そのため、告白されたいという男性に対して、苛立ちを感じてしまう女性も多くなります。

告白されたい男性の特徴4個の関連記事