元カノを引きずる彼氏の心理的特徴4個

元カノを引きずる彼氏の心理的特徴4個

元カノをなかなか忘れられず、次の恋に進む勇気が出なかったり、

今付き合っている彼女を苛立たせたりしてしまう男性は少なくありません。

なゼそこまで元カノの執着してしまうのでしょうか。

ここでは、元カノを引きずる彼氏の心理的特徴についてご紹介します。

1.元カノの存在や、元カノの思い出を美化し過ぎてしまう

元カノを引きずる彼氏は、元カノの存在や、元カノとの思い出を、

必要以上に美化し過ぎてしまうという特徴があります。

心のすれ違いやトラブルがあって別れたにも関わらず、

人間には、1度手離したものを「惜しい」と感じてしまう習性があるため、

別れた後になって元カノを愛おしく感じてしまうようになります。

その結果、彼らの心の中には元カノとの良い思い出ばかりが強く残ってしまい、

これが未練に繋がっていくのです。

冷静に考えれば、「別れたということは、自分と元カノは根本的に合わなかったのだ」ということがわかるはずです。

しかし、彼らの中では元カノが美化されているため、

そのような冷静な考えが浮かばなくなってしまいます。

その結果、いつまで経っても元カノを忘れられなくなってしまいます。

2.恋愛以外に何も生き甲斐を持っていない

恋愛にばかり情熱を注ぐあまり、他の生き甲斐を何も持っていないという男性は、

元カノを引きずりやすい傾向があります。

仕事や趣味など、熱中して打ち込むものがあれば、元カノと別れてつらい思いをしていても、

目の前のことに熱中して紛らわすことができます。

そして、そのような日々を送っていくうちに、いつの間にか元カノのことを忘れ、

次の恋へと進むことができるようになります。

しかし、何も打ち込むものを持っていないと、暇さえあればついつい元カノのことを考えてしまうようになります。

そして、元カノと別れた公開や悲しみなどのネガティブな感情に襲われ、

元カノを引きずってしまうようになります。

3.元カノ以外の女性に目を向けようという意志がない

元カノを引きずる彼氏は、元カノ以外の女性に目を向けようという意志がありません。

彼らの中では元カノが大きな存在感を占めたままの状態になっており、

「元カノ以上に素晴らしい女性はいない」という潜在的な心理が彼らの奥底に眠っています。

そのため、たとえ新しい彼女ができたとしても、今の彼女が彼らの中での「1番」の存在になることは永遠にないのです。

彼らの中では、あくまで元カノが1番だからです。

しかもこの場合、彼ら自身がそのことに気づいていないということも特徴です。

その代わり、今の彼女が敏感にそれを察知してしまうことが多くなります。

しかし、それを彼らに指摘しても、「そんなことは絶対にない」の一点張りで、

話が平行線になってしまうケースが多くなります。

4.元々、何かに依存してしまいやすい性格である

元カノを引きずる彼氏は、元々「何かに依存してしまいやすい」という性格であることも考えられます。

このタイプの場合、たまたま依存した対象が元カノであったというだけであり、

仮に元カノに依存しなくても、将来的には、他のものに依存してしまう可能性が高いとも言えます。

このタイプの男性は、つらいことや悲しいことがあると、

自分の手近な存在に依存してしまうということが特徴です。

このタイプの男性が元カノを引きずった場合、「元カノと別れたばかりで未練もあるので、

たまたま依存しやすかった」ということが考えられます。

何かに依存する傾向がある彼氏は、いずれ、今の彼女にも依存してくる可能性があるので、女性側は注意が必要です。

元カノを引きずる彼氏は、「今」を大切にせず、過去にばかり生きてしまう傾向があると言えます。

だからこそ、元カノの存在や元カノとの思い出を必要以上に美化したり、

今目の前にいる現在の彼女を真っすぐ見つめようとしなかったりしてしまいます。

精神的に打たれ弱い男性も、元カノを引きずる傾向があります。

何も生き甲斐を持たずに過去を悔やんだり、

手近なものにすぐ依存してしまったりする男性は、元カノをいつまでも引きずります。

しかし、いくら大切な思い出でも、過去は過去です。

この瞬間しかない今を大切にしないと、元カノを引きずったまま、時間ばかりが過ぎていくでしょう。

元カノを引きずる彼氏の心理的特徴4個の関連記事