元カノとの復縁を望む男性の心理4個

最終更新日:2016年10月7日

別れた後に「やっぱり元カノが良かった」と復縁を望む男性がいます。

一度は別れることを決意したのに、なぜ後になってから後悔してしまうのか、

元カノとの復縁を望む男性の心理的特徴をのぞいてみましょう。

1.元カノ以上の人が現れない

元カノと別れてから、色んな女性と知り合ってみるものの、元カノ以上の人と出会うことが出来ず、

結果「元カノが一番だった」と気付いた男性は、元カノとの復縁を望むでしょう。

男性は特に、別れた後の女性のことを気持ちがなくても引きずってしまう傾向にあり、その思いが比較という形で出てしまいます。

「○○だったらこんな時こうしてた」「○○だったらこんなことにはならなかった」と、

比較することで元カノの良さを知ることもあり、それによって女性に順位をつけてしまうようになります。

最終的に元カノがその中で一番だと気付くと、復縁したいという気持ちが膨らんでくるでしょう。

一緒にいた時にはその貴重さに気付けなかったものの、比較することでようやく気付いたということが分かります。

2.このままじゃ終われないという思い

別れたことにその時は納得しつつも、このままで終わりにすることは出来ないという未練が

そこに残っていると、復縁したい気持ちが強くなります。

例えば別れた原因が元カノの浮気だったとしても、「男として引き下がるわけにはいかない」

「自分に足りない所を補ったからもう一度見て欲しい」という思いが出てくるようになります。

別れる瞬間は怒りやショックがあっても、落ち着いて冷静に考えられるようになると、

終われないという気持ちが芽生えてくることがあります。

悔しい思いややり残した思いが隠れていることが多く、

もう一度復縁して見返してやりたいという気持ちが大きくなるのでしょう。

3.今の自分には自信がある

付き合っていた当時にはなかった自信が、別れた後になって持てるようになったら、

「今の自分だったら大丈夫なはず」と強くなれるでしょう。

この強さを持ったおかげで、元カノにアピール出来そうだという前向きな姿勢を持ち、

より良い自分を見てもらいたいという気持ちが出てきます。

要は自分の足りなかった所を補うことが出来たり、自信が持てるようになると、今の自分で挑戦したい気持ちを持つようになります。

前とは違う自分を得たことによって、元カノに認めてもらいたい、やり直したい気持ちに駆られるのでしょう。

別れている間に自分を磨き、スキルを高めたことによって、復縁したい気持ちを持つ男性もいるのです。

4.新しい出会いが面倒くさい

ある程度大人になってくると、恋愛だけには時間を割けないもの。

そこで新しい恋愛をして彼女を作るとなると、自分を知ってもらうこと、

逆に相手を知ることに時間がかかり、恋愛に奥手になるケースもあります。

面倒くさがり屋な男性は特に、一から関係を築き上げることが自分にとっていらない工程で、

出来れば慣れ親しんだ関係の相手だと、時間も手間も省けると考えてしまいます。

元カノであれば、自分のことを知ってくれているし、一度はお互いに好きになった関係であることから、楽して恋愛が楽しめると思ってしまいます。

女性から見たら良い気分はしないものの、慣れが魅力に感じ、復縁したいと思う男性も少なくないのです。

別れたことに後悔している、別れに繋がった原因を解決出来たなど、少なからず元カノに対して未練が残っていると、復縁を求めてしまうでしょう。

その復縁を求める思いの中には、単純に元カノのことが忘れられないという理由もあれば、楽な恋愛をしたいという理由の場合もあります。

復縁という形をとるということは、一旦過去に戻る行動と同じです。

女性がもし「せっかく前に進んでたのに」という思いで、すでに切り替えていたのなら、復縁しないという選択肢もアリでしょう。