彼女が欲しいと思っている男性に絞って、恋愛を進めたいと思っている女性は多いでしょう。

ただ「彼女欲しいと思ってる?」と聞くと、なんだかガツガツした女に見られそうでためらってしまいます。

彼女が欲しいと思っている男性の言動から見抜くことは出来ないのでしょうか。

今回は彼女が欲しい男性の特徴をご紹介します。

1.恋愛に関わる話題が多い

男性は目の前のことに集中しがちで、男性の中で恋愛モードがさく裂している状態だともちろん恋愛話が多くなります。

そろそろ彼女が欲しいなと思っている男性は、異性を目の前にすると恋愛関連の話をしてしまいます。

「自分は付き合うと○○なタイプだからさ~」とか、「恋愛では○○が許せない」など、恋愛という括りであってもその内容は様々。

ただ恋愛関係の話が多いなと感じられれば、その人は彼女が欲しいという思いを抱いているはずです。

2.友達よりも女性を優先

男女で集まっている時に、自分の友達よりも女性を優先させる人は、彼女欲しさに必死なのかもしれません。

友達という存在はいつでもどこでも会える関係ですが、彼女を作る為には女性に集中する必要があります。

仲良いはずなのにあまり男同士で話さなかったり、女性ばかりに気をとられているようであれば、必死に彼女候補を探していると言えるでしょう。

女性とは距離を縮める為にも、次につなげる為にも、その場を盛り上げたり親密になる必要があります。

その場を逃したら女性との接点を一つ減らしてしまうことになる為、必死になるのも必然的かもしれません。

3.他の女性の存在を臭わせない

女性は嫉妬しやすい生き物。

もし仮に男性に女性の存在があると気付けば、良い関係になる前に距離をとられてしまうでしょう。

それを分かっている男性は、例え女友達がいても、他に気になる女性がいても、その存在を表に出そうとはしません。

そこには「もしかしたらこの人といい感じになれるかも」という思いがあり、女性の影がないことをアピールしています。

彼女を欲しいとは思っていないという人は、何も考えずに素直に話すでしょう。

しかし「女なんて知らない」「誰も関わりがない」と言う人は、特別な存在を見つける為に、自分をよく見せたいのでしょう。

4.出来るだけマメに連絡を取る

男性は女性と違い、用事もないのに連絡することを面倒だと感じます。

しかし彼女が欲しいと感じている期間は別で、女性によく思われたいがために、女性に合わせて連絡を取るケースが多いです。

いわゆるマメな男を演じていれば、「この人となら楽しめそう」「常に私を思ってくれそう」など、相手に期待をさせることが出来ます。

彼女が欲しいと自分の中で思っているだけで、相手にその気がなければ、先に進むことが出来ません。

そのためなんとか相手をその気にさせる必要があり、マメな男になり対応しないとという思いがこみ上げてくるのです。

5.暇な時には外出する

仕事が終わってからの時間、たまにの休日には、出来れば家でのんびりと休みたいところ。

ただ、彼女が欲しいと思っている人は、出会いを求めてアクティブに行動に出る傾向があります。

どこで誰に出会うかもわからない期待を胸に、合コンに行ったり、ライブに行ったりとその内容も様々。

出来る限り行動範囲を広げて、近寄れる女性、彼女になってくれそうな女性を探しています。

いつも忙しそうにプライベートを過ごしていたら、新たな出会いを求めているのかもしれません。

彼女が欲しいです」と名札でもつけてくれていれば良いですが、見ただけでは分からない情報を仕入れることは困難です。

だからといって「彼女欲しい?」だなんて聞けず、モヤモヤした状態が続くこともあるでしょう。

まだそこまで聞ける関係ではない、まだ出会ったばかり、といった時に一つの参考までに覚えておくと良いでしょう。