デート中の会話が続かない人の特徴4個

デート中の会話が続かない人の特徴4個

せっかく楽しいデートをしていても、会話が続かず、

沈黙の時間ばかりが流れていくという経験をしたことがある人は少なくません。

大好きな人とデートをしているはずなのに、なぜこのような状態になってしまうのでしょうか。

そこで、デート中の会話が続かない人の特徴についてご紹介します。

1.元々、すぐに緊張してしまいやすい性格である

デート中に会話が続かない人は、元々、緊張しやすい性格であるというケースが少なくありません。

そのため、「好きな人とデートをする」という状況に立たされると、

必要以上に身構えてしまい、自分でもどうして良いかわからなくなります。

その結果、頭が真っ白な状態となって、会話が続かなくなってしまいます。

「好きな人とデートをする」という行為は、「好きな人と2人きりになる」ということです。

言い換えれば、否応なしに自分の全てを好きな人に見られてしまうということです。

そのことに対して彼らは、「自分のすべてを見られて、嫌われたらどうしよう」と大きな不安を感じます。

その結果、緊張が極限まで達し、会話どころではなくなってしまいます。

2.元々、無口な性格である

元々の性格が無口な人は、デート中の会話が続かないという状況がよくあります。

彼らは、普段から、必要時以外はあまり言葉を発しません。

そして、その生活スタイルに満足してしまっています。

そのため、好きな人とデートをしても、その延長線上のような雰囲気になり、

あまり会話のないデートになってしまうことが多くなります。

しかし、彼ら自身は、会話が続かなくても、彼らなりにデートの時間を楽しんでいるのです。

「会話などなくても、2人の間に流れる空気が心地良いものであればそれで良い」と考えているからです。

ただ、相手がそれに不満を抱くようなタイプだった場合は、彼らとのデートを苦痛に感じてしまうでしょう。

3.話題の引き出しが少な過ぎる

デート中の会話が続かない人は、持っている話題の引き出しが少な過ぎるということが大きな特徴です。

会話のために使えそうな話題を日頃からリサーチする習慣がないため、どうしても会話のネタが乏しくなってしまいます。

その結果、いつも月並みな話しかできずに、相手を飽きさせてしまい、

最後は沈黙の時間ばかりが無駄に流れていくことになります。

話題の引き出しは、努力次第でいくらでも増やすことができます。

日頃から幅広いことに興味を持つようにすれば、自然と話題の引き出しは増えていくものです。

「誰とデートをしても会話が続かない」という悩みを抱えている人は、この努力を怠っている可能性が高いと言えます。

4.異性との会話に慣れていない

デート中の会話が続かない人の中には、「異性との会話に慣れていない」という人も少なくません。

特に、日頃、同性ばかりの環境で過ごしている人は、必然的に異性と話すという経験が少なくなってしまいます。

その結果、いきなりデートという環境に飛び込むと、

相手を「自分とは違う存在である」ということを意識し過ぎてしまい、会話が続かなくなってしまいます。

このタイプの人は、異性との会話に慣れるようにすることが必要です。

異性の友人・知人を増やしたりして、積極的に異性と交流しましょう。

少しずつこれに慣れていけば、デートに対して身構えることもなくなり、

好きな人と自然な会話を楽しむことができるようになります。

いかがでしたか。

デート中に会話が続かなくなってしまう人には、いくつかのパターンが見られます。

1つ目は、「元々の性格が影響している」というパターンです。

このタイプの人の場合は、自分の会話のペースを維持し、無理に相手に合わせようとしない方が良いでしょう。

無理に自分のペースを崩そうとすると、余計にぎこちなくなってしまうからです。

2つ目は、「話題の引き出しが少ない」というタイプです。

この場合は、話のネタになりそうな話題を、日頃から積極的に探す努力が必要です。

いずれにせよ、自分のパターンを知り、それに合わせた対処法を少しずつ試していけば、

徐々に自然な会話ができるようになります。

デート中の会話が続かない人の特徴4個の関連記事