彼女に振られた時に後悔すること4個

彼女に振られた時に後悔すること4個

彼女に振られてしまった時、「こうすれば良かった」と激しく後悔する人がほとんどでしょう。

では、男性の多くは彼女に振られた時、具体的にどのようなことを後悔するのでしょうか。

その後悔することをご紹介します。

1.彼女以外の女性に目を向けてしまったこと

彼女に振られた時に真っ先に後悔することの多くは、「彼女以外の女性に目を向けてしまったこと」であります。

彼女のことを愛する気持ちに嘘はなくても、ついつい他の女性に心を奪われてしまい、

それを彼女が敏感に察知してしまったことで関係がぎくしゃくすることはとても多いのです。

そしてそれがそのまま、別れへと繋がってしまうケースも少なくありません。

他の女性に心を奪われるだけでなく、実際に「浮気」という行動に走ってしまった男性も、

彼女に振られた後、激しく後悔するようです。

「1度くらいなら大丈夫だろう」「浮気をしても、彼女と一緒にいる時は彼女を大切にしていれば大丈夫だろう」という危機感のなさが、

別れという悲しい結末を招いてしまったため、自分の軽率な行動を悔んでしまう男性が非常に多いと言われています。

2.愛情を言葉や行動できちんと示せなかったこと

多くの日本人男性は、「愛している」という言葉を口に出したり、

スキンシップなどで愛情を表現することが苦手な傾向があります。

しかし、男性のそのような態度に不満を持っている女性が多いということもまた事実です。

このことが原因で別れてしまうカップルはとても多いのです。

そんな時男性は、愛情を言葉や行動できちんと示せなかったということを後悔してしまうようです。

「恥ずかしくてなかなか愛情表現ができない」という彼氏側の葛藤を、彼女側も理解してはいるのです。

しかし、「その恥ずかしさを乗り越えてでも、自分に対して愛情表現をしてほしい」というのが多くの女性の願いです。

なかなか彼氏が愛情表現をしてくれない時、

女性は、「自分は、恥ずかしさを乗り越え得てでも愛情表現をする価値のある存在ではないのか」と悲しむようになってしまいます。

そのような女心をわかってあげることができなかったことを、

多くの男性は、彼女に振られた後にようやく気づいて後悔します。

3.彼女がつらい時に力になってあげられなかったこと

彼女に振られた後、

「彼女がつらい状況にある時、力になってあげられらかった」ということを後悔する男性は非常に多くなります。

どんな女性でも、つらい時に1人で耐えて踏ん張るということはなかなかできません。

そんな時に彼氏の支えがあれば乗り越えることもできますが、

彼氏が全く支えになってくれないと、彼女は精神的に追い詰められてしまいます。

その結果、「もう一緒にいることができない」と別れを決意する女性は少なくありません。

特に、普段しっかりしていて、何でも1人でできてしまいそうな彼女を持った場合、

彼氏側が、「自分が力になってあげなくても大丈夫だろう」と思い込んで、

彼女を放置してしまうことが多くなります。

その結果、彼女に振られ、彼氏はその時初めて彼女の心の中を知り、後悔します。

4.なかなか彼女の相手をしてあげられなかったこと

彼女に振られた男性のほとんどが、

「付き合っている時に彼女の相手をなかなかしてあげられなかった」と後悔しています。

社会人になると、彼氏側も仕事などで全く余裕がないという日が増えるため、

忙しい時はどうしても彼女を放置してしまうようになります。

それに対する彼女の不満が爆発して、別れに繋がるカップルは非常に多いのです。

忙しくても、定期的に短い連絡を入れたり、「今忙しくて余裕がないから」と一言誠意をもって謝罪すれば、

理解してくれる彼女も多いでしょう。

しかし、何も言わないまま放置されてしまうと、彼女も不安に思い、「付き合う意味がない」と感じてしまいます。

男性は女性よりも連絡がマメでなかったり、言葉で表現することが得意でなかったりしますが、

これが原因で別れに繋がったとわかると、大半の男性は自分の配慮不足を後悔するようです。

いかがでしたか。

彼女に振られた時、自分自身の行動や言・彼女に対する接し方など、

様々な後悔の念に襲われるという男性は非常に多くなります。

中には、自己嫌悪にまで陥ってしまう男性もいますが、終わったことを悔やんでも仕方ありません。

反省を次の恋愛に生かせるように、前向きに気持ちを切り替えていくことが大切です。

「次の恋愛では、同じ失敗を二度と繰り返さない」という気持ちで次の恋愛に向き合えば、

新しい彼女とより良い関係を築くことができるようになるでしょう。

彼女に振られた時に後悔すること4個の関連記事