デートをドタキャンされる女性の特徴4個

デートをドタキャンされる女性の特徴4個

デートの約束をしたものの、なぜか毎回ドタキャンされてしまう女性が少なくません。

彼女たちなぜ、いつもデートをドタキャンされてしまうのでしょうか。

実はこのタイプの女性には、いくつか共通点があります。

そこで、デートをドタキャンされる女性に共通する具体的な特徴をご紹介します。

1.重苦しい雰囲気を感じさせる

デートをドタキャンされる女性は、重苦しい雰囲気を感じさせ、相手の心に負担を与えてしまう傾向があります。

彼女たち自身には全く悪気はないのですが、相手のことを真剣に思うあまりに、

ついついしつこくしてしまったり、自分の気持ちをストレートにぶつけ過ぎてしまったりすることが、

このタイプの女性たちには少なくありません。

その結果、連絡のやり取りをしている間、相手が敏感に感じ取ってしまい、

相手に大きなストレスを与えてしまうようになります。

そして相手がいつしか、「デートの約束をしたものの、

この女性と会うのは精神的に負担が大きい」と感じるようになり、デートのドタキャンという結果に繋がってしまいます。

相手のことを真剣に思うことは素敵なことですが、その気持ちが大き過ぎると、相手にとって負担になります。

それが原因で、デートをドタキャンされてしまうことも少なくありません。

2.マナーや配慮がない

大人としてわきまえておくべきマナーや配慮が欠けている女性は、デートをドタキャンされることが多くなります。

例えば、相手の都合を考えずに夜遅い時間に相手に連絡を入れてしまったり、

何通もしつこくメールやLINEを送ったりしてしまうと、相手から「非常識な女性」というレッテルを貼られます。

デートの場所や待ち合わせなどを決める時、相手のことを無視して、

自分のペースでどんどん強引に話を進めてしまうような女性も同様です。

このような女性は相手を苛立たぜてしまい、いつしか相手は、

「約束はしたけれど、会いたくない」という気持ちになってしまいます。

その結果、デートをドタキャンされてしまうようになります。

大好きな相手とデートの約束ができて幸せいっぱいの時であっても、

最低限、大人のマナーと配慮はわきまえておくべきでしょう。

3.女性の魅力を感じられない

男性から見て「女性の魅力が全く感じられない」という女性は、デートをドタキャンされてしまうことが少なくありません。

デートとは、異性同士がするものです。

そのため、お互いが「異性としての魅力を感じ合える者同士」でなければ、楽しむことはできません。

デートにおいては、女性は女性の魅力、男性は男性の魅力を持っているという条件が不可欠です。

しかし、デートの約束をした女性に女性の魅力が感じられないと、

男性は「男友達と会っているような気分になるので、デートという名目で会う意味がない」と考えてしまうようになります。

その結果、男性は「もうどうでも良い」という気持ちになり、デートをドタキャンしてしまいます。

どれだけ親しくなっても、デートの約束をした男性に対しては、女性の魅力を見せておく必要があるでしょう。

4.いつもオドオドしていて、プライドがない

自分にプライドを持つことができず、いつもオドオドしているような女性は、

デートをドタキャンされることが多くなります。

プライドがあり、堂々とした女性に対しては、男性も一目置くため、デートをドタキャンすることなどできません。

しかし、オドオドした態度の女性は、いつも他人の顔色を見ながら生きているため、

男性たちも彼女たちを大切に扱おうとはしなくなってしまいます。

その結果、男性から「この女性は適当な扱いをしても許される」と思われるようになり、

何度デートの約束をしてもドタキャンされるという結果になってしまいます。

女性らしいたおやかさや優しさは大切ですが、

大人同士の関係という前提でデートをする時は、ある程度のプライドも必要です。

いかがでしたか。

デートをドタキャンされる女性に共通する要素は、

「大人の女性が持っているべき女性らしさが欠けている」「大人の配慮やプライドが欠けている」というものです。

これらが原因となって、相手の男性からリスペクトされず、「デートをドタキャンしても許される、

どうでも良い女性」と思われてしまっているのです。

このような目に遭わないようにするためには、大人の女性としてしっかり精神的に自立し、

自分を磨いてエレガントさを身に付ける努力をすることが大切です。

そのような努力を続けている女性からは非常に美しいオーラが放たれるため、

男性も「この女性を粗末に扱てはいけない」と考えるようになります。

デートをドタキャンされる女性の特徴4個の関連記事