あなたの周りにも反省しない人はいませんか?反省するという事は、自分のよくなかったことを改めるて考え直すという事です。

反省することで、学び、2度と同じ失敗をしないように努力します。

しかし、どんなに悪いことをしても、怒られても、反省する素振りさえ見せない人たち。

そういう人たちには、実は共通する特徴があります。

いったいそういう人たちは心の中で何を考えて、また、どういう特徴があるのか、ご紹介します。

1.プライドが高すぎる

プライドが高すぎる人は、反省とは無縁です。

プライドの高い人が反省しない理由は、おもに2パターンあります。

まず一つ、自分が悪い、間違ってるなんて考えられない人です。

プライドが高すぎるゆえに、自分が間違っているなんてありえないと、頭の中で考えており、間違っているのはすべて周りの方だと考えてしまいます。

もう一つは自分が間違っているのは頭の中で理解しているけど、プライドが高すぎるためごめんさないが言えない人です。

反省するという事はある意味、自分が相手より考え方が劣っていると認める行為であるため、プライドの高い人はなかなか人前で反省することが出来ません。

2.自分が悪いと理解していない

人から注意されて、悪いと感じたら反省するのが普通ですが、自分が悪いと思っていない人は、反省するという行為に至りません。

自分は間違ったことをしていないのになんで怒られなければならないのかと考えています。

そして、自分が悪くないと思っているという事は、周りの人間が間違っていると思っています。

なので、間違っているのは相手の方だと思っているので、反省どころか急に怒りだしたり、責任転換さえしだしてしまいます。

反省とは程遠い人物と言えるでしょう。

3.素直じゃない

怒られたり、注意されても、素直じゃない人は相手に反省する態度を見せたくありません。

カッコ悪いと思ったり、恥ずかしいと思ってしまい、反省とは真逆の態度をとってしまいます。

そういう人は、自分が悪いと思っていても、反省するタイミングを逃していたりすることも多いので、こちらが大人の対応をとれば、比較的すんなりと反省してくれるタイプです。

4.自己中心的な人

自己中心的な人は自分が楽しければそれでいいと思っています。

なので、周りがどんな空気になろうがお構いなしです。

怒られたり、注意されても知らんぷりです。

自己中の人はどうしても他人の気持ちをくみ取るという事が出来ないので、反省するという考えに至らないことが多いのです。

自分のせいで周りに迷惑かけているという事にも気づきにくい鈍感な人だと言えます。

そういう人は、まずは自分自身が精一杯楽しむことに専念しています。

5.悪いことしても許されると思っている

普通なら、悪いことして注意されたなら、もう同じ失敗をしないようにしようという考えが生まれますが、悪いことをしても、いつも許される、許してもらえると思っている人は、反省する素振りは見せても、心の底ではまったく反省していません。

こういう人は、周囲の人を内心バカにしたり、ちょろいと甘く見ていることもあります。

相手がやさしい人間だと、特にこういう考えが働いてしまいます。

相手のやさしさに付け込んで、それを利用するようになります。

むしろ怒られることに対して恐怖を感じていない人も、こういう考えを持っている人が多くいます。

タチが悪いので注意しましょう。

6.教育が悪い

ちゃんと教育されている人は、自分が悪いことをしたら謝ることが出来ますが、そもそも謝り方を知らない人もいるのです。

それは大抵は親の教育が悪かったのが原因です。

大人になっても、謝り方を知らないで成長してしまった可能性があります。

そういう人には、まず、上司や先輩が謝り方を教える必要があるでしょう。

そうすれば、素直に反省できる人間に成長することが出来ます。

7.責任感が欠けている

色んな人に迷惑をかけても、未だに子供心や学生気分の人は、むしろ人に迷惑をかけることを楽しんでいる可能性があります。

そういう人にはきちんと「ペナルティー」を与えて、責任をとらせる必要があります。

いつまでも成長しないままだと、社会人としても一人前にはなれません。

きちんとした責任をとらせることで、幼稚な心が改善していくでしょう。

8.見て見ぬふりしてしまう

悪いことしたら、責任をとらないといけない場面がいくつかありますが、自分が悪くないと、知らんぷりすることで責任転換して、罪を逃れようとするずるい人もいます。

そもそも人にせいにしたり、自分のせいじゃないと責任転換すれば、反省する必要もなくなります。

9.負けず嫌いな性格

自分が間違っていると認めるのが、負けず嫌いの人は苦手です。

常に相手に勝ちたい人は、どうしても素直に謝ることができません。

謝ってしまうという事は自分を否定することです。

負けず嫌いの人にはそれが屈辱感を味わってしまうので、謝ることができません。

いかがでしたでしょうか。

反省しない人たちは実に色々な特徴があって面白いですね。

素直に謝れなかったり、そもそも謝るという事をしらなかったり、プライドのためにどうしても謝れない人、こういう人たちには、周りの人が一歩大人になって接すればよいでしょう。

そうすれば素直になって反省してくれるようになることもありますからね。