失恋した友達を慰める方法5個

失恋した友達を慰める方法5個

もし、友達が失恋して悲しんでいたら、やはり、友達としてどうにか慰めてあげたく思いますよね。

でも、それにも方法があります。

場合によっては、余計に落ち込ませてしまうことがあるからす。

上手に段階を踏んで慰めて、スッキリとさせてあげることが大切です。

もし、自分ならどうされたいのか。

それを頭に入れて行動をすると、上手に慰めてあげることができます。

1.とにかく、とことん話を聞いてあげる

失恋をしてしまった人は、とにかく話が沢山積もっています。

辛い気持ち、悲しい気持ち、などなど。

そんな時は、とことん話を聞いてあげます。

とにかく、聞き上手になります。

友達が、一方的に話をする場合もありますが、それでも聞いてあげます。

積もていた不満や悲しみをとことん吐き出さしてあげることで、気持ちが少し晴れていくのです。

そうすれば、友達も気持ちの整理がつくようになっていきます。

2.話を聞いたら明るく

とことん話を聞いてあげた後は、明るく過ごします。

カラオケに行って、バカ騒ぎをしてストレス解消です。

悲しい時には、騒ぐのが一番です。

カラオケを歌うことで、大きな声を出せて気持ちが晴れます。

そこで、気をつけるのが、どこまでいっても主役は、失恋をした友達。

とことん盛り上げ役に徹します。

そして、選曲も大切。

悲しい歌は、絶対にダメ。

とにかく明るく、盛り上がる歌を選曲します。

心から楽しむのが大切です。

3.友達が一番

やはり、最後には、友達が一番頼りになります。

友達同士が集まって、過ごします。

みんなで、食事をしたら、失恋の悲しみを一時だけでも忘れさせてくれます。

とにかく、失恋には、気分転換が必要です。

なので、仲のいい友達を集めてあげるのです。

そして、長時間楽しく過ごすのです。

そうすれば、悲しみを忘れて笑えるのです。

その時は、失恋をした友達を主役にするのではなく、特に何でもない集まりを装うのです。

あまり、多くの人から失恋した。

と、思われるのは、嫌がるので、あくまでも自然体に接します。

4.最後には、二人でまたまた話をする

それだけの段階を踏まえたら、最後には二人でまたまたゆっくりと話をします。

その時は、聞き上手もいいのですが、自分の意見も伝えます。

時には、失恋の悲しみで泣いてしまう場合もありますが、その時には、一緒に悲しんであげます。

とにかく、側にいてあげてとことん親身になってあげます。

それが、友達を励ますことです。

そして、最終的には、やはり明るくです。

映画鑑賞でも、どんなことでもいいので笑って終わります。

5.自分ならどうしてもらいたいか

もし、自分が失恋して落ち込んでいたら、友達にどう接してほしいかを考えて行動することが大切です。

ただ、面白おかしくしては、絶対にダメです。

友達としての行動が失恋をした人を元気にさせてくれるのです。

やはり、持つべきものは友達。

その友情が失恋からの悲しみを忘れさせてくれるのです。

なので、外に出たがらなくなっていても無理やりにも出してあげるのです。

いかがでしたか。

誰でも経験する失恋。

自分が、そうなった場合、仲のいい友達からどうしてほしいか。

を、考えて行動してあげると友達を、励ましてあげることができます。

時には、明るく、時にはしんみりと。

二人の時は、友達の気持ちに寄り添ってあげ、大勢の時には、失恋には一切触れずに接し明るく楽しく過ごします。

そういった気配りで少しでも失恋を忘れさせてあげて楽しい、スッキリとした気分になります。

そうすれば、もし、今度自分が、失恋してしまって落ち込んでいても、友達が助けてくれます。

結局、最終的に、一番大切なのは、友情です。

失恋した友達を慰める方法5個の関連記事