告白を成功させる予行練習方法5個

告白を成功させる予行練習方法5個

何ごともぶっつけ本場でやるよりも、事前に練習をしておいた方がうまくいくものです。

告白も同じです。

では、どんな練習をしたらいいのか、ここでは告白を成功させるための予行練習のオススメ方法と、

押さえておきたいポイントをご紹介することにしましょう。

1.鏡に向かって告白の練習

最初にオススメしたい練習方法は、鏡の中の自分に向かって告白してみるというやり方です。

告白を考えた場合、たいていの人はどんな言い方をしようか考えることでしょう。

頭の中でセリフを考えるわけですが、それだけではうまくいかないことが少なくありません。

告白のセリフの内容だけでなく、表情や話し方も大変に大切です。

どんな表情で、どんな声の調子でどんなふうに話せば、相手に好印象を与えられるかを知るためには、

実際に自分の顔を見ながら練習するのが一番です。

ぜひ、鏡に向かって実際に声に出して告白してみましょう。

自分で表情をチェックしながら、なんども繰り返すことによって、好感を持ってもらえる話し方が自然にできるようになるはずです。

何ごとも、反復が大切。

何度もくりかえしてください。

2.異性の友人や知人相手に告白のシミュレーションをする

そのような一人練習だけでなく、実際に異性を相手に告白のシミュレーションをするといいでしょう。

異性の友人に協力してもらいましょう。

ベストなのは、友達の知り合いで、あなたの知らない異性に告白する相手役を演じてもらうこと。

そうすれば、自然に緊張しますから、本番のシミュレーションになりやすいのです。

そのような人が見つからなければ、あなたの知っている人でもかまいませんから、ぜひ異性に相手役を務めてもらいましょう。

ポイントは、告白しようと思っているシチュエーションにできるだけ近づけること。

例えば、カフェでお茶をしながら告白しようと考えているなら、どこかのカフェを利用して練習します。

そうすることによって、シミュレーションしやすくなり、本番をイメージしやすくなるに違いありません。

3.相手役の人に感想やアドバイスを聞く

そのようにして、異性を相手に告白の「実戦練習」をしたら、ぜひ、その相手役を演じてくれた人に、感想を聞きましょう。

どういうところがよかったのか悪かったのか、改善したほうがいいと思うところはどこなのか、アドバイスをしてもらうのです。

的確で有効なアドバイスをもらうためにも、相手役は異性の方がいいのです。

男と女では感じ方がちがいますから、同性のアドバイスよりも異性のアドバイスの方が、本番でより役立つに違いありません。

4.実戦練習を動画で撮影して自分でチェックする

相手役の人のアドバイスをもらうだけでなく、自分自身で練習のようすをチェックしたほうが、さらに効果的でしょう。

そのために、上記の実戦練習、告白のシミュレーションの模様をぜひ動画で撮影しましょう。

相手役の人に撮影してもらってもいいですし、別の人に撮影を頼むという方法もあります。

いずれにしても、そのようにして撮影した動画を自分で見返して、改善ポイントをチェックします。

5.イメージトレーニングをする

告白を成功するためには、イメージトレーニングを欠かすことができません。

実際に告白するときの様子を自分でイメージするわけですが、

その際、上記のような実践練習をし、動画を見返して自分でチェックすることが大変に役立ちます。

そうした具体的な練習をしておくと、本番の告白をかなりリアルにイメージできるでしょう。

ポイントは「うまくいくイメージ」をすること。

可能な限りリアルな想像しながら、告白が成功し、喜ぶ自分の姿を思い描いてください。

このイメージトレーニングはいつでもどこでもできますから、告白の本番まで、何度もくりかえすといいでしょう。

いかがでしたか。

告白を成功させるためにはどんな予行練習をしたらいいのか、その方法とポイントを紹介しました。

大切なのは、「これだけ練習したのだから、きっとうまくいく」という自信を持つことです。

告白を成功させる予行練習方法5個の関連記事