浮気を後悔している人の特徴4個

浮気を後悔している人の特徴4個

浮気をしてもまったく後悔しない人も少なからずいます。

しかし、浮気したことを後悔するケースが多いこともまた事実でしょう。

では、パートナーや交際中の恋人がいながら浮気をして後悔している人にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.パートナーや恋人に対する自分の強い愛情を再確認した

例えば、結婚して何年かして、いわゆる倦怠期になったとしましょう。

パートナーに対する自分の気持ちが冷めたように感じているわけです。

そういうタイミングで浮気に走るというケースが少なくありません。

パートナーと別れるつもりはまったくなくても、恋のときめきを求めて、他の異性と関係を持つわけです。

そのように、他の人と関係を持ったことによって、「実は今のパートナーや恋人に対して、

自分はまだ強い愛情を感じている」ということに気づくことがよくあります。

パートナーや恋人のことだけを見ていると、「前のように心がときめかない。

もう気持ちが冷めたんだ」と思っていたのが、他の異性と関係を持つことによって、

自分のほんとうの気持ち、強い愛情を再確認できたわけです。

実は自分はパートナーや恋人のことを深く愛していることを自覚し、

その結果「浮気なんてしなければよかった」と思うのが、浮気を後悔する人の心理的特徴の一つということができるでしょう。

2.パートナーや恋人が一途に尽くしてくれる

こちらは他の異性と浮気をしているのに、パートナーや恋人が自分に対して一途に尽くしてくれるというのも、

浮気して後悔する人の特徴でしょう。

2つのケースがあります。

1つは、パートナーや恋人が浮気にまったく気づいていないというケース。

自分の裏切り行為を知らず、一生懸命に自分に愛情を注いでくれている姿を見て、「悪いことをしたな」と感じるわけです。

もう1つは、浮気が発覚したにも関わらず、以前とまったく変わらず自分を愛してくれているというケース。

パートナーや恋人の寛容さ、愛情の強さを知って、「自分はなんて悪いことをしてしまったのだろう」と後悔します。

いずれのケースにも共通しているのが、「自己嫌悪」です。

パートナーや恋人の純粋な愛情を知れば知るほど、自分に対する嫌悪感が強まり、

後悔しないではいられないというのが、人間の心理ということになるでしょう。

3.小心者

これは浮気が発覚していないケースに限りますが、「小心者」というのも、浮気を後悔している人の特徴の一つです。

パートナーや恋人が気の強いタイプの場合、浮気がバレればどんなに怒られるかわかりません。

気の弱いタイプの場合でも、相手を深く傷つけてしまうことになるでしょう。

それを考えて、「いつか、浮気がバレてしまうのではないだろうか。

もしかすると、すでにうすうす勘づいているのかもしれない」とびくびくします。

結婚している場合は、その結果、離婚ということもありえますから、その不安はいっそう強いものになるに違いありません。

自分にとって悪い想像をして、びくびくしてしまう小心者であるため、浮気を深く後悔します。

4.浮気相手に本気になられた

浮気を後悔する人の特徴として、よくあるのが、浮気相手に本気になられてしまったというケースです。

こちらはあくまでも遊びのつもりだったのに、相手に本気になられると、これはやっかいです。

なんどもしつこく連絡がきたり、「会ってくれないとあなたのパートナーにばらす」などと脅されることもありえるでしょう。

結婚していれば、たいへんめんどうなことになりかねませんし、未婚のケースでも、恋人との関係がこじれることは避けれれません。

そうした事態に陥れば、どんなに倫理観のない人でも、鈍感な人でも、

あるいはパートナーや恋人に対する愛情が冷めている人でも、浮気をしたことを後悔しないではいられないでしょう。

いかがでしたか。

浮気を後悔している人について、どんな特徴があるのか紹介しました。

現在パートナーや恋人がいる人は、ぜひ参考になさってください。

浮気を後悔している人の特徴4個の関連記事