告白されたい相手に告白させる方法3個

告白されたい相手に告白させる方法3個

誰だって好きな人と両想いになりたいものです。

そして、できることなら、告白をされたいという願望があります。

少しでも脈があるのなら、告白されるように持っていきたいものです。

しかし、ただ待っているだけでは、進展しません。

しかも、時と場合によっては成就するはずが、相手が他の人を好きになってしまったり、

告白のタイミングを逃し、付き合うチャンスが無くなってしまう恐れがでてきます。

相手に告白してもらうには、ちょっとしたアピールが必要となっていきます。

それを、踏まえていくと好意を持っていてくれている人ならば、告白してくれるようになります。

1.自分が好きだとさりげなく示す

とにかく、告白しやすくするには、自分も好意を持っているということをアピールしなければいけません。

しかし、あまりにも強引なアピールをしてしまうと、相手がひいてしまったり、

逆に相手が告白待ちをしてしまうというリスクが出てきます。

誰でも振られるのは嫌です。

中には、振られたくないから告白をしない。

と、いう消極的な人もいます。

相手に、もしかしたら自分の事を好きなのでは?と、いう期待を持たせてあげるのです。

そうすれば、告白をしやすくなっていきます。

2.マメにメールをしたり、話をする

とにかく、マメにメールをします。

これは、少し難しいのですが、し過ぎてもダメ、しなさすぎてもダメです。

相手に自分に興味を持っているのだという自覚を持ってもらうのです。

そして、自分のアピールばかりではいけません。

時には聞き上手になることも大切です。

誰でも自分の話を聞いてくれると嬉しいものです。

そして、どんどん話が弾んでいくのです。

そうすることで徐々に好意を持ってくれるようになります。

アピールをしながらも話を聞く。

そのバランスがとても大切です。

3.遊びに行く約束をする

なかなか告白をしてくれそうになかったら、付き合う前に出掛けてみてもいいです。

いわゆるデート。

そうすることで相手は自分の事が好きなのだと、思えてきます。

デートでは、とにかく楽しく過ごし、自分と付き合えば楽しいだと、アピールします。

付き合っていなくても、付き合っている感覚になり、より距離が短くなっていきます。

そして、話す時は必ず相手の目を見ること。

そして、すこし大げさぎみに相手の話題を楽しみます。

デートをすることで、相手の見方が良くも悪くも少し変わってくるのです。

悪いイメージを持たれないように心がけが大切です。

3.冗談で聞いてみる

究極、どうしても告白してくれない場合は、冗談半分で自分たちって付き合っているのかな。

と、聞いてみます。

ポイントは、とにかく明るくサラッと聞くことです。

あまり重たくなると相手は嫌になってしまいます。

改まって聞くのではなく、何気ない会話の途中で聞いてみます。

本当に脈ありな人ならば、否定しません。

そこまで来たらもう一押し。

どうする。

と、聞いてみるのです。

そう聞かれたら相手は、告白するしかありません。

誘導尋問となりますが、これが最終手段です。

いかがでしたか。

恋愛は、結局駆け引き。

押したり引いたりです。

その、駆け引きを上手に出来たならば相手から告白される確率は必ず上がってきます。

相手から重たく思われないよう、なおかつ、無理だろう。

と、思われないように運んでいかなければいけません。

アピールするのにも勇気がいります。

それでも、その勇気を出して行動すれば、きっと結果はついてきます。

告白をされるにはとにかく相手に好意を持ってもらうことです。

会話、仕草全てに気を配り、そして、告白しやすい雰囲気を作っていきます。

相手がスムーズに告白できるようにお膳立てをしていきます。

告白されたい相手に告白させる方法3個の関連記事