初デートで脈なしな男性の特徴4個

初デートで脈なしな男性の特徴4個

男性は特に相手女性に恋愛感情を持っていなくても、女性とデートをすることがめずらしくありません。

ですから、女性にしてみると、脈ありなのかどうか、なかなかわかりにくいものです。

では、初デートの時、脈なしな男性はどんな言動をするのか、

脈なしな男性にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

1.自分のことばかり話す

男性は、好意を持っている女性に対し、自分を強くアピールするために、

自分の話を積極的にするということがめずらしくありません。

しかし、相手の女性に対して恋愛感情を少しでも持っていれば、

自分の話をする一方で、相手女性の話もできるだけ聞こうとするものです。

休日の過ごし方や、趣味や好きなこと、生い立ちや家族のこと、仕事や学校のことなど、

相手の女性の情報を知りたがるのが、好意を持っている男性の心理と言っていいでしょう。

そうではなく、自分のことばかり話し、相手女性のこと、特にプライベートに関することを聞こうとしない男性、

相手の話に興味を示さない男性は「脈なし」ということになります。

ポイントは、女性に対してプライベートなことを聞いてくるかどうか、

まったく聞いてこない、あるいは、聞いてきても、女性の答えに対して、

それ以上突っ込んだ質問はしないようなら脈なしと考えていいでしょう。

2.自分のことをまったく話そうとしない

それとは逆に、自分のことをまったく話さないというのも、脈なしな男性の特徴の一つです。

このケースでは、女性に対していろいろなことを質問しますし、突っ込んだ質問もしてきます。

けれど、逆に自分のことを聞かれると、あいまいな答えで逃げてしまい、正面から詳しく答えようとはしません。

男性は、少しでも女性に好意を感じていれば、自分のことをよく知ってもらいたいと思い、

質問されなくても自分から、プライベートなことを話したがるものです。

自分のことを話したがらないというのは、つまり、相手女性との関係を深めたいと思っていない証拠と考えていいでしょう。

「この女性に自分のことを話しても、意味がない」と考えているのです。

質問されたことにいいかげんな答えを返すだけで、自分の話を避けようとするのが、

脈なしの男性の特徴ということになるでしょう。

3.携帯を複数回いじる

初デート中に、女性といっしょにいるにもかかわらず、携帯をいじるというのも、脈なし男性の特徴です。

もちろん、仕事などのことで、必要があって携帯を確認するということはあるでしょう。

しかし、女性との初デートなのですから、少しでも恋愛感情を持っているなら、

目の前にいる彼女との会話に集中するのがふつうでしょう。

ですから、必要もないのに携帯を複数回いじるようなら、脈なしの可能性が高いと考えられるのです。

このケースでは、無意識のうちにいじっているケースだけでなく、

「いっしょにいてもつまらない」という意思表示のために、わざといじって見せるケースもありますから、要注意です。

4.デートの別れぎわがあっさりしている

好きな人と初めて人きりの時間をすごすというのは、緊張もするでしょうが、うれしく楽しいものです。

ですから、その時間が終わる時には、名残惜しく感じるというのがふつうの心理と言っていいでしょう。

もし、デートの別れ際、まったく名残惜しそうなそぶりも表情も見せず、あっさり別れるようなら、脈なしかもしれません。

ただし、初デートの場合、男性は内心名残惜しさを感じていても、それを隠してわざとあっさりふるまうこともあります。

ポイントは早く切り上げようとしているかどうか。

時計を気にしたり、デートを早く切りあげようとする気配があって、

その上、デートの別れ際があっさりしているなら、脈なしの可能性が高いと考えていいでしょう。

例えば、駅で別れた時、一度もこちらを振り返ることなく、足早にすたすた立ち去るようなら、その可能性は高いのです。

初デートで、男性がどんな言動をすると「脈なし」と考えられるのかについて、4つの特徴を紹介しました。

気になる男性と初デートをする女性、あるいはすでにした女性は、

彼の気持ちを判断するための参考になさってください。

初デートで脈なしな男性の特徴4個の関連記事