告白を男性からしない方が良い理由4個

告白を男性からしない方が良い理由4個

男性から告白するのがふつうと考えている人は多いでしょう。

確かに、女性から告白するケースは少なく、実際に多くの場合、男性から告白するものです。

しかし、男性から告白することにはデメリットもあります。

ここでは、告白を男性からしない方が良い理由を紹介しましょう。

1.彼女から「つきあってあげている」という顔をされてしまう

好きな女性に告白し、相手にOKをもらって、めでたく交際を開始したとしましょう。

すると、最初から、二人の間には「交際してくれと頼んだ男」と、「その要求を受け入れてあげた女」という関係ができてしまいます。

こちらは、別に懇願してむりにつきあってもらっているわけではないでしょう。

「告白は男からするもの」という常識に従って告白しただけです。

にも関わらず、女性サイドはそういう見方をするケースが少なくありません。

ですから、何かにつけて、「あなたが頼むからつきあってあげることにした」という顔をされるのです。

それが顕著に表れるのはケンカをした時でしょう。

口論になった時、彼女に「告白したのはあなた」と言われてしまうと、返す言葉がありません。

それが事実だからです。

こちらから告白したばかりに、精神的に彼女に優位に立たれてしまうわけです。

これが、男性から告白しない方が良い理由です。

2.別れたいときに話がこじれるリスクがある

交際を続けるうちには、彼女に対する気持ちが冷めてしまったり、

幻滅することがあったり、ほかの女性を好きになるということもあるでしょう。

むりにつきあっていても、当然楽しくはありません。

苦痛に感じることもあるでしょう。

その場合は、別れを切り出すことになります。

彼女の方も同じように冷めていれば問題ありません。

こちらの別れ話を受け入れてくれ、キレイに別れることができるわけです。

しかし、彼女の方に別れる気持ちがまったくない場合はそうはいきません。

彼女は別れを拒否するでしょう。

その際、「あなたがつきあってくれと頼んだくせに、今になって別れたいなんて、虫が良すぎる」と言われれば、

こちらとしては「その通り」と答えるしかないわけです。

また、そのことを彼女が共通の友人に話せば、「なんてひどい男だ」と思われかねません。

つまり、友達からの評判も悪くなってしまいかねないのです。

別れたいときに別れ話がこじれるリスクがあるというのも、男性から告白しない方が良い理由ということができるでしょう。

3.浮気した時に強い罪悪感を抱いてしまう

個人差はありますが、多くの男性には「浮気願望」があります。

そのため、好きな女性に告白し、つきあうようになったのち、他の女性にも気持ちが向くということもあるででしょう。

結婚しているわけではないのですから、不倫関係ということにはなりません。

あくまでも浮気、遊びにすぎないわけですが、こちらから告白して交際をスタートした場合、

「彼女に悪いことをしている」という気持ちを強く持つようになります。

逆に、彼女の方から告白して交際している場合は、こちらに「つきあってあげている」という意識があるため、

浮気してもそれほど強い罪悪感を抱くことはありません。

浮気した時に強い罪悪感を抱かざるを得ないというのが、男性から告白しない方が良い理由です。

4.経験豊富でない限り告白に失敗することが多い

告白を成功させるためには、デリケートな条件がいくつかあります。

彼女の心理状態を読んだり、タイミングを図ったり、OKしてもらいやすいような雰囲気づくりをしたり、シ

チュエーションを選んだりと、かなり細かいところに気を配らないと、告白は成功しづらいものです。

女性はデリケートなものですから、そうした条件を満たさないで告白すると、失敗してしまうことが多くなります。

ところが男性は、どうしても女性ほどのデリカシーを持っていませんから、

気配りが行き届かず、その結果、失敗してしまうことが少なくありません。

特に日本人男性は、言葉で恋愛感情を伝えることが苦手な人が多いため、失敗率がどうしても高くなってしまいます。

経験豊富でこれまで何度も告白に成功してきたという人は別ですが、

そうでない限り、失敗することが多いというのが、男性から告白しない方がいい大きな理由です。

いかがでしたか。

男性から告白しない方が良い理由を4つ紹介しました。

思いを寄せている女性がいて、告白しようかどうか迷っている方は、参考になさってください。

告白を男性からしない方が良い理由4個の関連記事