デートの誘い方が上手な男性の特徴5個

デートの誘い方が上手な男性の特徴5個

みなさんの身の回りにデートの誘い方が上手な男性はいますか?

男性自身のルックスやスペックは他の人と差がないように見えるのに、

その人が誘うとみんな気軽にデートに応じるという男性はたくさんいます。

ではそんな男性は他の男性といったいどこが違っているのでしょうか?

ここではデートの誘い方が上手な男性の特徴を紹介します。

1.常に色々な人とデートしている

鶏が先か卵が先かと言う話に似ていますが、デートの誘い方が上手な男性は、

この後紹介するようなテクニックをさりげなく駆使して、もともと常に色々な人とデートしています。

他の人と普段デートしないような男性がいきなり自分を誘ってきたら身構えますが、

常日頃から色々なひとを誘っている人がたまたま自分にも声を掛けてきたなら、割とすんなり応じてしまうものです。

それに、他の人が誘われるなら自分も誘われたいという競争心や、

他の人がデートを楽しんで悪い評判を聞かない男性なら自分も行ってみるかという安心感も生まれます。

つまり、この後紹介するような点に気をつけてデート経験を積むことが、

その後のデート成功率を相乗効果的にアップさせる結果に繋がるといえます。

2.上手な口実をつけて誘う

デートの誘い方が上手な男性は、口実をつけて誘うのが上手です。

家が近所だから美味しい店を紹介する、この前手伝ってもらった仕事のお礼、

チケットが手に入ったなど女性側が自然に応じられる口実をつけて誘います。

不自然だったり無理強いの印象を与えないでおきながら、

この理由なら断るのも悪いからOKするしかないなと、

女性を誘導する口実をきちんと用意してから誘うので成功率が高いです。

3.気軽なノリで誘う

デートの誘い方が上手な男性は誘い方が気軽です。

実際はかなり周到で真剣だったとしても、相手の女性のことを考えて気軽なノリを装います。

それにより、女性側も断りやすくなったり、応じる時でも変に身構えることなくOKできるようになります。

男性側が下心見え見えで鼻息荒かったら誘われる側も、断ってもしつこく迫られそうだし、デートしてもなかなか帰らせてもらえなそうと思われてしまいますので、最初のデートを気軽に誘うのは当然です。

4.直前に誘う

デートの誘い方が上手な男性は、「2週間後の週末にご飯食べにいかない?」「来月、誕生日だよね。

お祝いしよっか?」など遠い先のデートを予約することはあまりしません。

理由は、そんなに先のことを今から予約するイコール周到に準備して気合が入っているというプレシャーを女性に与えてしまうからというのが一つです。

もう一つは、先に誘いすぎると、女性に悩む時間を与えてしまって友達に相談してやっぱり断られてしまったり、約束した日まであれこれ考えさせて気を揉ませることになってしまうからです。

そもそも、デートの誘い方が上手な男性はそんな先の予定を聞いても「ちょっとまだ予定がわからないので…近くなったら連絡します」と言われて結局悩んだ末に断られてしまうのがオチだと知っているからです。

5.その人ならではの魅力的な提案をする

デートの誘い方が上手な男性は、誘い方以外にもデートの内容のプランニング自体が絶妙です。

ありきたりなデートプランにひと手間追加して、その男性ならではの魅力的なプランを提案します。

対象の女性と帰宅方向が同じだから、乗換駅の美味しい店を紹介する、

映画の趣味が同じだから映画を観る、女性が前に行ってみたいと話したスポーツ観戦をするなど、

そこまで重くないけどその人と一緒じゃないとなかなか行かないようなプランを用意することで、

デートそのものにOKする女性側の理由付けができます。

「その男性とデートに行く」というのにためらいがあっても、

「スポーツ観戦をする(その男性と)」というワンクッションが女性に対する気遣いにも繋がっています。

デートの誘い方が上手な男性は、誘い方のテクニックがずば抜けているというよりは、

誘われる女性側に立ったアプローチを徹底していることがわかります。

女性が警戒しない口実、断っても角が立たない選択肢を用意する、

一度デートしたからと言って即恋愛というつもりはないですよというスタンスを守ることが、

結局は恋愛への近道と言うことを知っているのです。

デートの誘い方が上手な男性の特徴5個の関連記事