不倫旅行をする人の特徴4個

不倫旅行をする人の特徴4個

不倫関係にあるカップルが旅行をすることがあります。

傍から見ると、「どうしてそんなリスキーなことをするの?」と不思議に感じられることもあるでしょう。

では、どうして不倫旅行をする人が少なくないのか、ここではその心理面に注目して、

不倫旅行をする人の特徴をご紹介します。

1.考えが甘い

不倫旅行はいかにもリスキーです。

多くの不倫カップルはそのことを知っていますから、かなり細かいところまで気を配って旅行をするものです。

旅先でお土産を買わないことは言うまでもありませんし、写真を撮っても、それを人の目に触れることがないように処理します。

旅先でのレシート類も家に持ち帰らないようにするのが、不倫旅行をする人の行動上の特徴ということができるでしょう。

しかし、どんなに注意をしたとしても、人生には「偶然」がつきものです。

例えば、ドライブ旅行で立ち寄ったパーキングエリアで、どちらかのパートナーの家族や親類、

友達や知人とばったり出くわすということもありえます。

あるいは、こちらは気づかなくても、パートナーの家族が気づいて、2人の様子を観察、

それをパートナーの耳に入れるということもあるでしょう。

そうした「偶然」が起こりかねないにも関わらず、「まあ、だいじょうぶだろう」とタカをくくっていること、

つまり考えが甘いというのが、不倫旅行をする人の心理的特徴です。

2.開き直っている

2人の関係がかなり深くなっていて、「離婚して結ばれたい」と思っている段階で、

不倫旅行をするケースも少なくありません。

そのことを2人ですでに話し合っていて、「いつ離婚を切り出そうか。

どんなタイミングで行動を開始しようか」というところまで話が進んでいるとします。

この場合は、2人は「バレてもいい」という意識があると考えていいでしょう。

先ほど例示したように、誰かに目撃されて、それがパートナーの耳に入っても、

「かえって離婚話をしやすくなった」と考えるわけです。

2人の気持ちが強固なものになっているため、バレてもいいと開き直っているというのが、

不倫旅行をする人たちの一つの心理的特徴ということになるでしょう。

3.背徳感やスリルがたまらない

人間には背徳感というものがあります。

不倫をしているカップルの多くはこの感情を抱くものですが、

特に不倫旅行の最中はこの心理が高まると考えていいでしょう。

自分は今、人間としてよくないことをしているという意識が、時としてしびれるような快感を生むことがあります。

悪いことをしているのですから、良くない感情を生むのがふつうですが、ある種の快感を生むことが、背徳感にはあります。

「イケないことをしている」という自覚が、快感に変化することがあるのが、不思議な人間心理です。

また、「不倫旅行がバレたらどうしよう」と考えるところからスリルが生まれ、

そのスリルが快感に通じるということもありえるでしょう。

先ほどの例でいうと、パーキングエリアに入る時、「知っている人がいるかもしれない」と考え、ドキドキ感を楽しむわけです。

4.「今」が楽しければそれでいい

不倫力をする人の中には、あまり深くものごとを考えていないというケースもあります。

こうした人に共通する特徴は「刹那主義」ということです。

不倫相手と会うことが楽しく、まして泊りがけの旅行をすることは最高に幸せで、

だからその「今」を楽しみたいと考えているのが、このケースの場合の心理的特徴と言っていいでしょう。

このケースでは後のことは考えません。

「バレたらどうしよう」ということを、ほとんど考えることなく、旅行そのものと2人だけの時間を楽しんでいるのです。

はた目にはリスキーに見えても、本人たちはそのことをほとんど気にかけていないのが、

このケースの特徴ということになるでしょう。

不倫旅行をする人にはどんな心理的特徴があるのか、主なものを4種類見てきました。

あなたの身近にもそういう人がいるかもしれません。

その人たちの心理を知るための参考になさってください。

不倫旅行をする人の特徴4個の関連記事