告白の返事待ちの際にしておくべきこと3個

告白の返事待ちの際にしておくべきこと3個

勇気を出して告白したのに結果をもらえるまで時間がかかることってありますよね。

そんな時は焦らず、自分がすべきことをしておきましょう。

今回は告白の返事待ちの際にしておくべきことについてご紹介します。

1.これまでやっていた事を平常心で継続する

好きな人に勇気を出して告白したのは良いけれど、すぐに返事がもらえない事ってありますよね。

そんな時に「告白の仕方が悪かったかな」「やっぱりしない方がよかったのかも」なんて、

あれこれ考えて答えの出ない迷路に迷いこんでしまうのは時間の無駄というものです。

もちろん、明らかに失敗だったな、と思えるような告白であったならそのあたりは反省して、

次に活かせば良いことですからそれはそれで成果があったと捉えるしかないでしょう。

どちらにしても相手からの返事が来るまで結果は分からないのですから、

それまでやっていた事を平常心で続けるしかありません。

例えば学生さんであれば部活に一生懸命になったり、勉強を頑張ったりして時間を有効に使いましょう。

なかなか相手からの返事が来ないと落ち込んだり、

変に期待してソワソワしてしまい他の事に集中できなくなっては困りますからね。

2.成功した場合に備えてデートプランを考える

好きな人に自分の気持ちをしっかり伝える事ができたなら、

その段階でかなり達成感は得られているかと思います。

その時の相手の反応を感じ取って、おそらく成功したんじゃないかなと思える時には、

これから先の楽しい未来の事を考えるのも良いですね。

付き合うことになったならどんな場所に行きたいとか、どういったデートプランで楽しみたいとか、

そういった事を具体的にイメージしながら楽しい時間を過ごしましょう。

例えば好きな人に手料理を振舞いたいなと思うなら、自分の得意料理のレパートリーを増やせるように、

自炊に力を入れたり、デートの時に楽しい会話を続けたいと思うのであれば、

好きな人が興味を持ちそうな話題について勉強しておくというのも良いですよね。

確実に告白の結果が成功したとはまだ分からなくとも、返事待ちの時間に行った努力や、

自分磨きというものは決してムダになるわけではありません。

たとえ告白の返事が残念な結果だったとしても好きな人に告白出来たからこそ、

それだけパワーがみなぎって、頑張る事が出来たのだと思う事ができれば、

その後の恋愛もきっと前向きにぶつかっていけるはずですよ。

3.ダメだった場合に備えてポジティブな事を考える

告白の結果がどうであれ、返事を待っている時間と言うのはなんともやるせない気持ちになってしまうものですよね。

相手の反応がわからないからこそ、余計に自分にとってマイナスな事ばかりが頭に浮かんでしまう事でしょう。

けれどもそんな時にマイナス思考のままでいては、どんどん自分が嫌になってしまうだけですよ。

相手からの返事をきちんと貰うまでは、どちらの可能性も同じ確率だけ残されているわけですから、

マイナス思考は早いうちに切り上げて出来るだけポジティブな事を考えましょう。

もしも返事が残念な結果に終わってしまっても「恋愛に振り回されない分、

自分の時間を充実させる事が出来るはず」といったような前向きな考えを持つことが大切です。

不安に押しつぶされそうな時には、大好きな音楽を聴いたり、本を読んでその世界にはまったり、

とにかく現実の不安要素を忘れられるような行動を出来るだけ取りましょう。

「ダメだったとしても告白する勇気を持つことが出来た自分ってすごい」

「好きだと言う気持ちを伝えられずに後悔する方がもっと辛かったはず」などと言うように、

今置かれている現状よりは自分にとってベストなのだという気持ちをしっかりと持つようにしましょう。

リラックスした気持ちで返事を待ちましょう

どんなに自分ひとりで悩んだり考えたりしてみても、

相手がいることですから時間が経って相手からの返事をもらえるまでは告白の結果はどうなるかなんて分かりません。

わからない事をあれこれ考えていても仕方がありませんから、

出来るだけ気にしつつも普段と同じ平常心でいることを心がけるようにしましょう。

リラックスした気持ちで過ごす事が出来れば、

例えどんな結果になったとしても相手の気持ちを冷静に受け止められるはずですよ。

告白の返事待ちの際にしておくべきこと3個の関連記事