告白に最適なタイミング3個

告白に最適なタイミング3個

好きな人に告白するタイミングって難しいですよね。

一体どんなタイミングで告白すればいいのでしょうか。

最適なタイミングはどんな時なのかご紹介します。

1.好きな人が弱気になっている時

人というのは自分が健康で元気な時には自分1人でも生きていけると勘違いしてしまいます。

けれども、自分が弱っている時や精神的に落ち込んでいる時というのは、

誰かの助けがあったらとつい思ってしまうものですよね。

相手がそのように弱気になっている時というのは、告白が成功する確率も上がるというものです。

なんだか相手の弱みに付け込んでいるようで少し罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、

それでも告白するタイミングとしては最適なタイミングと言って良いでしょう。

もちろん、告白した後でどんな結果になろうとも相手の事をしっかりと支えてあげたり力になってあげる覚悟で望んで下さいね。

例えば告白する相手がそれまで付き合っていた人に振られてしまって、

まだその人のことを思っているといった場合でも、復縁する可能性がない時には、

自分にとっては告白する最適のタイミングと捉えても良いでしょう。

「元恋人に未練があるから、あなたとは付き合えません」と断られてしまっても、

めげずに自分をアピールする事で可能性はゼロではなく常に上昇する可能性があるという事ですからね。

2.共同作業が終わりを迎える時

学生であれば体育祭の出し物の準備だったり、

練習といった経過を通じてお互いの距離が縮まっていく期間が離ますよね。

言ってみればその間は好きな人との共同作業をしているわけですが、それが終わるタイミング、

すなわち体育祭が終わってしまうタイミングというのは告白をするのには最適なタイミングであると言えます。

何もないところから1つのものを作り上げていくのには、

意見のぶつかり合いやお互いの協力というものが必要になってきます。

そのような時間を一緒に過ごす事でお互いを色々と知る事ができ、

他の人には見せない顔だったり感情を目の当たりにする事もあるでしょう。

単なる友達であればそこで友情が芽生えて終わりですが、男女間の場合はそこに恋愛感情が生まれる事も多いです。

共同作業を終えた事で達成感を感じると同時に、それまでやっていた事が終わってしまうという寂しさも生まれてしまいます。

そのタイミングで告白をする事で、終わりではなく新たな始まりを迎えることが出来ますので、

お互いに新しい恋愛というものに前向きになる事が出来るのです。

3.物理的に離れ離れになりそうな時

学校の卒業式が間近に迫っていたり、会社の人事で異動が決定しているといった場合等、

片思いをしている人と物理的に離れ離れになってしまうことってありますよね。

どんなに両思いの相手であっても物理的に離れてしまう時にはお互いの心をつなぎとめる事が出来なくて、

気持ちがすれ違い結局は終わりを迎えてしまうことも多いです。

ですから、離れ離れになる前に、告白をして自分の気持ちをきちんと伝えておく事はとても大切な事です。

告白をするタイミングとしては最も外せないタイミングであるといっても良いでしょう。

たとえ告白をして返事が残念な結果であっても、それ以降顔を会わせることがなければ、

心の傷は時間が解決してくれますし、結果が喜ばしいものであれば物理的に距離が生まれたとしても、

お互いの気持ちさえしっかりしていれば恋愛を大切にはぐくむ事は十分可能です。

今はネットを使って毎日でもビデオチャットが可能な時代ですから、

そういったアイテムや手段を駆使して2人の距離をなくす努力も怠らないようにすると良いですね。

日常の中でのタイミング

大きなイベントや一大決心をして告白しなくても、

なんでもない日常生活の中で告白する最適なタイミングと言うのもありますね。

例えば友達同士の関係が長く続いている間柄なら、2人きりの会話の途中でふっと相手の目を見つめ、

自分の正直な気持ちを告白するというのも良いでしょう。

誰もが見とれるほどの相手に一目ぼれをしてしまったという場合には、

一刻も早く自分の気持ちを伝える事が大切ですから「一目ぼれしてしまいました」と、

すぐに告白するのも間違いではないはずです。

相手が異性にモテる人であれば出来るだけ相手がフリーな時に、

他のライバルよりも早く告白するというのもタイミングとしては最適なタイミングだと言えるでしょう。

告白に最適なタイミング3個の関連記事