結婚相手がいない女性の特徴7個

結婚相手がいない女性の特徴7個

最近では晩婚化が進んでおり、結婚をしていない独身女性が増えています。

結婚をしない、できない理由は様々あると思いますが、

今回は結婚相手がいない女性の特徴についてご紹介します。

1.同性の友達が多い女性

同性の友達が多いと、その同性の友達との遊びに忙しくなりがちですので結婚相手を探すということが、

優先順位的に友達の下に来てしまいなかなか時間を割くことが出来ずに相手ができません。

また、自分と同じような考えの人たちと人間は仲良くする傾向があるので、

その友達内でも結婚相手がいない女性が多いです。

そのため、そのような環境に慣れてしまい居心地がよくなってしまいます。

2.異性の友達が多い女性

異性の友達、つまり男友達が多いと異性の友達が多いというだけで安心してしまい、結婚相手にまで進みません。

また友達の状態が長いと彼氏や結婚相手として見られなくなってしまうことも多いので、

なかなか友達が多くてネットワークが広くても、結婚相手にまで辿りつかないケースが多くあります。

3.多趣味な女性

趣味が多いと、仕事以外の休日はその趣味に時間やお金を費やす女性が多いです。

そのため、趣味への気持ちが強くなり、結婚をしたいという気持ちや結婚相手がほしいという気持ちが薄れてきて、

今の趣味に没頭していることが休日の気分転換となっています。

そのため結婚に向けて意識が向かなくなります。

4.自分の時間は自分で使いたいと思っている女性

最近の晩婚化の理由としては、自分の時間がなくなってしまうのが怖いといった理由があります。

やはり、自分の時間を大切にしたいと考えている女性は、

結婚後に結婚相手とどのように過ごしていけばいいのかということをイメージしにくくなり、

結婚から遠ざかってしまいます。

5.仕事が忙しい女性

最近の日本では女性も社会に進出しています。

女性が社会で活躍するようになったため、女性は男性と同等に仕事を与えられ、その仕事をこなします。

しかし、仕事がはかどることでなかなか仕事と恋愛を両立することは厳しくなってきます。

理由としては、仕事が忙しいことによって、結婚相手を探す時間がなかったり、

いいなと思った男性がいたとしても相手を知るためのデートに時間を割くことが難しかったりなどで、

相手との距離をなかなか縮めることができないといったことが挙げられます。

6.結婚相手に対する理想のイメージがたくさんある女性

やはり結婚相手となると一生一緒に、同じ人生を歩む人であるため、

ある程度自分の中で考えている理想の男性像はあります。

その男性像の中でもおおざっぱにこんな人と決めている女性もいれば、

細かいところまで理想を考えている女性も多いです。

やはり細かく考えている女性の方が、おおざっぱに考えている女性よりもストライクゾーンをいうものは狭いです。

言い方を変えるとストライクゾーンを自分で狭めてしまっています。

そのためなかなか自分にあった結婚相手はいません。

7.自分ひとりでも生活できるほどの貯金やお給料がある、精神的に自立している女性

女性の中には、男性に養ってもらいたい、頼りたいと思って結婚という道を選択している人もいます。

しかし、結婚相手がいない女性の場合は結婚をしなくても、自分で生活をしていけるほどのお給料を毎月もらい、

貯金も十分にあり、さらには安定した職についており、実際に今一人暮らしをしていても、

自分ひとりで生活できている、いわゆる完全に自立をして自分ひとりの生活をとても楽しんでいる女性の場合は、

逆に自分が結婚して養ってもらってなどというイメージができていない、もしくは男性に依存をしたくないと考えています。

このような女性の場合は結婚後のイメージがしにくく結婚をすることから気が引けて相手がいないです。

いかがでしたか。

結婚相手がいない女性の特徴についてまとめました。

結婚相手がいない女性の特徴から、結婚に対する意識やイメージを変えない限り、

日本の晩婚化や少子化は改善できないことがわかります。

ですが相手がみつかればすぐに結婚ができるわけではないので難しいところです。

結婚相手がいない女性は是非、仕事や趣味で忙しい日々を送っていると思いますが、

どうか結婚相手を見つけるためにも時間を割いてほしいものですね。

結婚相手がいない女性の特徴7個の関連記事