告白が失敗する男性の特徴4個

告白が失敗する男性の特徴4個

好きな女性に告白して、成功する人もいれば失敗してしまう人もいます。

告白する以上、もちろん前者になりたいものですが、実際には失敗する男性が少なくありません。

では、告白に失敗する男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.相手女性の状況や心理状態を考えない

好きな女性に告白するというのは、そう簡単なものではありません。

当然、緊張もしますし、「今日こそ告白しよう」と思っても、つい二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。

そういう心理になっていると、相手女性のことに気が回らなくなってしまうことが少なくありません。

つまり、自分のことだけでせいいっぱいになって、相手の都合を考えずに告白し、その結果失敗に終わるということがよくあります。

例えば、職場の同僚女性に告白するとしましょう。

彼女はその日、何か大きなミスをして、顧客から大クレームを受けたとします。

問題はまだ解決しておらず、彼女の頭はそのことでいっぱいの状態です。

そんなタイミングで、彼女を飲みに誘って告白しても、うまくいくはずはありません。

彼女は「今は仕事のことでいっぱいいっぱいだから、とても恋愛なんか考えられない」という心理状態になっているからです。

このように、相手女性の置かれている状況や心理状態を考えない男性の告白は、失敗に終わりやすいのです。

2.気持ちが強すぎて相手女性に「怖い」と思われてしまう

彼女に対する恋愛感情が強すぎたり、「思いを伝えたい」という気持ちが強すぎるというのも、

告白に失敗する男性の特徴と言っていいでしょう。

もちろん、告白はまじめにすべきものですし、真剣に彼女を愛すること自体は悪いことではありません。

しかし、その思いがあまりに強いと、告白をする時に鬼気に迫った表情になったり、

目が血走ったりして、相手女性が「なんだか怖い」と感じてしまうことがあります。

「何が何でも今日こそ告白して、この思いを伝えよう」というように意気込むと、

そういう態度や話し方になってしまうと考えていいでしょう。

あくまでも恋愛は二人で楽しむもの。

にもかかわらず、思いの強さが裏目に出てしまい、何か「命がけ」のような印象を相手の女性に与えてしまうことがあります。

「怖い」と感じた女性が、告白に「OK」の返事をすることはありえません。

3.照れ隠しで冗談めかしてしまう

男性には照れ屋の人が多いものですが、その性分が災いして告白に失敗するケースも少なくありません。

特に友達関係にある女性や、職場の親しい同僚をターゲットにした場合、

告白することに照れてしまうということがあるでしょう。

そうした「照れ」が、真面目な告白ではなく、軽いノリの浮ついた告白につながることがよくあります。

真剣に告白することにテレて、軽いノリで冗談めかしてしまうケースです。

相手にふざけた印象を与えてしまっては、告白に失敗するのもやむをえません。

例えば、友達関係にある女性に告白し、彼女から「冗談言わないでよ」と言われて、

結局、冗談にしてしまって、失敗に終わるというケースがそれです。

4.ひとりよがりなサプライズ演出をする

サプライズ演出を好む男性は多いものです。

彼女を楽しませたい、喜ばせたいというサービス精神から、男性はサプライズを考えるわけです。

交際中の彼女やパートナー相手なら、そうしたサプライズが有効に働くことも少なくないでしょう。

しかし、まだつきあっていない段階での告白のシーンは違います。

例えば、好きな女性にいきなり100本のバラの花束をプレゼントして告白したらどうでしょう。

かなりのサプライズ演出には違いありませんが、彼女は引いてしまうかもしれません。

それが街中など、人目のあるところであれば、彼女は喜ぶよりも先に恥ずかしい気持ちになるに違いありません。

相手を恥ずかしい気持ちにさせたのでは、良い返事をもらうことはできません。

つまり、ひとりよがりなサプライズ演出をするというのが、告白に失敗する男性の特徴ということになるでしょう。

どうして告白に失敗してしまうのか、告白に失敗する男性の特徴を4種類紹介しました。

「近いうちに片思い中の彼女に告白したい」と考えている方は、参考になさってください。

告白が失敗する男性の特徴4個の関連記事