結婚相手がいない男性の特徴5個

結婚相手がいない男性の特徴5個

結婚適齢期で周囲も段々と結婚している中、結婚相手がいない男性がいるかと思います。

あるいはあなた自身がそんな男性という人もいるでしょう。

確かに女性にもてなそうだなという人もいれば、

周囲の男性とスペックがそう変わりないのになぜか結婚相手がいない男性もいて、

結婚とは本当にタイミングやめぐり合わせです。

ここではそんな結婚相手がいない男性の特徴についてご紹介します。

1.女性との出会いに繋がる交流がない

結婚相手がいない男性の特徴はまず、出会いがない男性です。

職場や趣味の場での新しい出会いだけでなく、学生時代の同級生などいろいろな場面で知り合った多くの女性の中から、

女友達、恋人、結婚へと発展していくわけですが、それがそもそもないといきなり結婚相手を見つけることが難しいです。

元からの友達の女性たちがだんだん結婚していき選択肢が減る中で、

趣味や婚活で新しい出会いを見つけることができない男性は結婚相手がいなくなってしまいます。

2.恋愛に興味が無いと思われている

出会いがないと嘆いてる男性の中には、自分の対外的なイメージが影響している場合があります。

恋バナが苦手だったり、男の友達とばかり遊んでいたりと恋愛に興味が無くて、

女性に消極的だと思われてしまっていると、合コンに誘われる機会も無くなってしまうし、

周囲の女性からも、ルックスやスペック、性格など以前に恋愛対象から外されてしまいがちです。

女好きイメージが強すぎるのも問題ですが、実際の自分はそうでもないのに草食系、

絶食系のイメージがついてしまうのは避けたいものです。

3.独身貴族イメージがすでに定着している

モテないわけでも、絶食系と思われているわけではなくても独身貴族のイメージが既についてしまっている人は、

交際相手には恵まれても結婚相手はいなくなってしまいます。

本人に結婚願望があるのに、「彼は今の独身生活に満足していて、

これからもずっと自由気ままな独身を謳歌したいと思っているに違いない」というイメージを持たれると、

本当に結婚したい女性が近づいてこなかったり、交際しても結婚には発展しません。

一見、モテていて充実しているように見えて、イメージを払拭するのはなかなか難しいです。

自分から結婚願望を口にする等、イメージチェンジが必要です。

4.ライフスタルが結婚向きに見えない

結婚相手がいない男性は、本人の人格そのものよりもライフスタイルが結婚向きでないこともあります。

例えば、バンドマンやお笑い芸人など将来の夢に向かって定職に就いていない。

転勤が多い仕事をしています。

不規則な勤務体系。

仕事の割りに収入が少ないなど現実的な面は、やはり結婚という人生の一大事においては重視されます。

人格的には魅力的で恋人としては良くても、結婚相手にはやはり安定を求めたいという女性が多いので、

そういったライフスタイルの不安を払拭できるような要素をプラスアルファで身に着けないと結婚相手がいません。

5.長く付き合っていた彼女と最近別れた

結婚前提で長く付き合っていた彼女と最近別れたばかりという人も、結婚相手がいなくて困る男性の特徴です。

学生時代からその彼女一筋で交際していて、結婚適齢期になったら結婚するつもりで、

ライフスタイルを作っていたのに、何らかの理由でこのタイミングで破局してしまった場合、

今まで注いできたのと同じエネルギーをまたゼロから他の女性に注ぐ力が残っていません。

長いこと、元カノ一筋で他の女性に目を向けてこなかったので恋愛の始め方もわかりません。

さらに、周囲の女性からも彼女持ちの男性として恋愛対象から外れてしまっていたのでやはりゼロスタートになります。

少しでも早く切り替えて、新しい恋愛を始めるのが唯一の打開策です。

いかがでしたか。

恋愛に恵まれている男性と結婚相手に恵まれている男性とは似ているようで違うことがわかったと思います。

恋愛感情以外にライフスタイルや将来性などの要素が関わってくるからこそ理想の結婚相手とめぐり合うのは難しいものです。

結婚相手がいない男性はその原因を自分で知って改善して、

自分から出会いの機会を増やすことで結婚相手を見つける努力をしましょう。

結婚相手がいない男性の特徴5個の関連記事