結婚を親から反対される彼氏の特徴5個

結婚を親から反対される彼氏の特徴5個

大好きな彼氏とそろそろ結婚したいな…その前に自分の親に挨拶してもらおうかな…そんな風に考えていませんか。

自分は良しと思っている大好きな彼氏も、親から見たら「ノーサンキュー」なんてこともありえます。

大好きな彼氏が親から反対されないためにも、結婚を親から反対されてしまう彼氏の特徴をご紹介します。

1.定職についていない

「愛があれば大丈夫」と、二人の間でお金のことは二の次でも、首をたてにはふれないのが親心です。

自分たちの娘に苦労してほしくないのはもちろん、今後生まれてくるであろう可愛い孫にも苦労はさせたくありません。

そこで娘がつれてきた彼氏が「今はフリーターで日雇いバイトで…」や「今仕事探しているんですけど…」などと言ったら、

ほとんどの親が結婚を反対するでしょう。

結婚自体を否定しているわけではありません。

きちんと定職が見つかってからでもいいのではないかというのが正直な意見です。

もし仕事がないけど結婚したいと彼氏がいっているのであれば、まずはきちんと正社員の仕事を探すように促してください。

2.離婚経験がある

悲しいけれどバツイチの男性は結婚を敬遠されがちです。

ましてや女性が初婚であれば、一度離婚している男性をよく思わない親は多いでしょう。

実際様々なことが原因で離婚し、男性側に非がない場合もあります。

もし彼氏が離婚経験があるのであれば、あらかじめ親にはどういった経緯で別れたのかなどをきちんと伝えておきましょう。

もちろん彼氏自身からも親に対して、「離婚経験がありますが…今度はきちんと幸せにします」という誠意をみせてもらいましょう。

3.ギャンブル癖がひどい

ギャンブルと聞くと聞こえが悪いですが、趣味の範囲でパチンコや競馬など楽しむ男性は多いです。

しかし、それが家計を壊すほどの浪費になってくるのは問題です。

彼氏が異常なまでにギャンブルにはまっていたら、要注意です。

自分自身がギャンブル好きな親ならすこし変わってくるかもしませんが、ほとんどの親からは間違いなく反対されるでしょう。

金銭的なトラブルは夫婦の間にもおこりかねないトラブルです。

そういったトラブルに娘が巻き込まれないようにするためにも、ギャンブル癖のない男性を結婚にはすすめるでしょう。

4.親よりも年齢が上

娘のつれてきた彼氏が自分よりも年上だったら、多分親は反対してしまうかもしれません。

当人同士は愛し合っているから年齢は関係なくても、やはり不安になるのが親心です。

今はいいかもしれないが、この先彼氏の健康は大丈夫か、孫の顔は見られるのか、など色々なことを考えてしまいます。

どうせなら若くてお互いに同じ歩みで年をとっていってほしいと思うはずです。

自分たちの介護に加えて旦那も介護となったら、苦労するのは愛する我が子です。

5.礼儀がない

これはどんな人にもありえることで、逆にどんなひとでもすぐに改善できることです。

どんなにいい仕事についていて、顔もかっこよくて、明るくても、礼儀がない人は結婚に反対されます。

必要以上にかしこまる必要なんてありません。

きちんと挨拶をできたり、敬語をつかえたり、必要最低限の礼儀がなってれば大丈夫です。

ただそんな当たり前のことさえできない人は、結婚はおろかお付き合いも反対されてしまうでしょう。

いかがでしたか。

あなたの彼氏は大丈夫でしたでしょうか。

「この条件があるから結婚許してもらえないかも…」と不安に思ったあなたも、諦めないでください。

これをきっかけにどうしたら親にすんなり結婚を許してもらえるか、彼氏と作戦会議をするチャンスです。

反対されるかもしれないことがあるなら、改善すればいい。

改善できないようなことなら、他の部分でどうフォローしていくかを考えてみてください。

なにより彼氏を親へ紹介する、彼女の熱意と愛情が結婚へと踏み切れるカギになっています。

幸せな結婚生活を歩むためにも、親からの信頼を得られる二人を目指してくださいね。

結婚を親から反対される彼氏の特徴5個の関連記事