君はちんちくりんだねって言われても、なかなか意味が分からないでしょう。

ちんちくりんとは、背の低い人をあざけって言う言葉で、あまり良い言葉ではないことがほとんどです。

他にも背丈に対して、着ている衣服が異様に短かったり、ちんちくりんだと思われてしまう要素がや特徴がたくさんあるので、今回はちんちくりんの人の特徴についてご紹介します。

1.背が小さい

ちんちくりんとは元々背が小さいひとのことを揶揄ってつけられた言葉です。

あの人ちんちくりんだねと言われれば、大抵は背の低い人の事を表しています。

背が低いという意味でちんちくりんだねと言われるのは、悪口の意味合いが強いですが、ちんちくりんで可愛い、ちんちくりんで愛敬があると付け加えると、褒め言葉に代わることもあります。

2.来ている服が短い

ちんちくりんのもう一つ大切な特徴が、来ている服が短すぎて、衣装が体に合っていないことを言います。

ある人が着ている服が背丈にあってなくてバランスが悪いと、ちんちくりんだねと評されることがあります。

また、同じような言葉で使われるのがつんつるてんで、衣服の丈が短くて、手足が出ているようなさまをつんつるてんと呼びます。

自分に合ってない服を着ていることで、子供っぽく見えたり、太っているのが目立ってしまうのが原因です。

3.寸胴な人

寸胴とは、上から下まで同じように太く、メリハリがない体のことを言います。

特に体がくびれていなかったり、胸から腰にかけての太さが同じで、ボディLINEにメリハリがない人は、寸胴体型と呼ばれます。

小柄な人は、くびれが目立たないので、一見して寸胴体型に見られてしまうことがあります。

そういう人は、周りからちんちくりんだと言われてしまうことがあるので注意が必要です。

寸動体系の人は、着物が着やすいとよく言われます。

4.幼児体型

幼児体型とは、一般に頭が大きく、手足が胴体に対して小さい、寸胴な人の事を言います。

大人になっていくと、徐々に体はくびれや、丸みのある体型に変化していきますが、いつまでも体に変化がなく、幼児体型のような人は、ちんちくりんだと思われてしまうことがあります。

着ている服のつり合いが悪く、年齢と体型のミスマッチが、ちんちくりんと評されてしまう原因となっています。

5.体のバランスが悪い人

全体的に小さくて体のバランスが悪い人はちんちくりんだとと思われてしまいます。

おなかがぽこっとしていて、どんぐり体型の人、服の上からもわかるような、おなかがでてる人もちんちくりんに見えてしまいます。

幼児体型のように、体のバランスが悪い人は、うまく体が成長しなかったのかなと思われてしまい、ちんちくりんなひとだと思われてしまいます。

6.指が短い人

指が小さい人もバランスが悪いと思われてしまうので、ちんちくりんに見えやすい特徴です。

指の長さと体の全体のバランスは比例しているので、指が短いと、身長が低いと思われてしまう要因になります。

実際に指だけが短くても、ちんちくりんだと思われてしまうこともあります。

指に関しては爪を極端に爪を短くしている人もちんちくりんに見られてしまうこともあるため、注意しましょう。

7.首が短い人

首が長い人は、スタイルがよくてモデル体型の人が多いですが、首が短いと体のバランスが悪く見られてしまうため、ちんちくりんだと思われてしまいます。

身長が高くても、首が短いだけで全体のバランスが悪く見られてしまいます。

身長が低く見られたり、周りからちょっと違和感があるように見られるのも、首が短く、ちんちくりんだと思われてしまう要因となってしまいます。

8.見た目が可愛い

見た目が可愛い人は、子供っぽいと思われてしまうことがあります。

逆にキレイな人は、大人っぽくて体のバランスがしっかりとしているイメージがあるため、可愛い人と比べるとちんちくりんだと思われることが少なくなります。

また、可愛い人は、着ている服も年齢と合っていないような可愛い服を着ていることも多いので、子供っぽいと思われてしまい、ちんちくりんだと思われてしまいがちです。

9.顔のパーツが個性的

顔のパーツが悪いと、全体的にバランスが悪いと相手に感じさせてしまいます。

顔のバランスが悪いという事は、美顔と認められないことが多いので、それが原因で容姿や雰囲気的にもバランスが悪いと思われてしまい、ちんちくりんな人だと思われてしまうことがあります。

ちんちくりんとは、背が低い人の事だけでなく、主に体のバランスが悪いと、ちんちくりんだと思われてしまうことが多いことがわかりました。

体のバランスが悪いと、うまく成長できなかったのかなと、子供っぽいなと思わせてしまうのも、ちんちくりんだと思われてしまう原因です。

ただ、悪口の意味での使い方だけでなく、ちんちくりんで可愛いねと、愛敬を込められて言われることもあるので、あまり気にしないようにしましょう。