本人に悪意はないのに他人をイライラさせてしまう人っていませんか?本人にとっては普通の言動をしているのになぜか鼻に付く人って周りにいますよね。

悪意を持って技としている人もいるかもしれませんが、気づいていない人もいるかもしれません。

今回は「鼻に付く人」の特徴について見て行きましょう。

1.上から目線でえらそうに話す

鼻に付く人の代表的な特徴が上から目線で偉そうに話すことです。

他人を見下し、自分がえらいかのような態度で他人に振舞います。

他人を見下し、相手をからかったり、罵ることを楽しんでいます。

また相手に圧力をかけ、自分がその場で一番えらいということを示して主導権を握ろうとします。

鼻で笑うかのように相手を見下すような上から目線は、誰から見ても反感を買います。

しかし、相手を支配しているかのような気分を味わい、気持ちいいと感じているのが鼻に付く人の特徴です。

2.人の話に聞き耳を持たない

鼻につく人は人の話を聞こうとしません。

自分の意見が正しいと思っており、聞く耳を持たないのです。

他人が意見していても自分の意見を押し付けてきます。

自分の意見ではなく、他人の意見が採用されると機嫌を損なう時もあります。

自分が全て正しいと思っているので他人の話を聞く必要がないと感じている鼻につく人。

相手の意見を取り入れたり、聞く耳を持つことはせず、自分主体で物事を進めたいと思っているのです。

3.相手の意見を否定する

鼻につく人はプライドが高く、自分に自信を持っています。

他人からアドバイスや意見を受けても、否定から入ります。

特に嫌いなのは相手からからかわれたり、プライドを傷つけられることを言われることです。

そのようなことを言われると相手を全否定します。

相手が話していても「でも」や「だけど」という否定から入り、周りの空気を一気に変えてしまいます。

自分が一番正しいと感じている部分もあるので、相手の意見が優れていても認めようとはせず、否定をします。

4.人によって態度を変える

鼻につく人は自分の利益を常に考えています。

自分にとって利益になる人には媚を売り、プラスにならないと判断した人には見下したような態度をとります。

例えば、女性で男性には声色を変えて接したり、同性には素っ気なくあしらったりする人ってたまにいませんか?ぶりっ子な態度をとる女性は同性から好かれにくく、鼻につく人の代表例です。

男性でも上司には媚を売り、後輩や同僚には偉そうな態度をとる人もいます。

人によって態度を変えることはいつかボロが出てしまうときがきます。

どんな人にも敬意を思いやりを持って接してほしいものですね。

5.自慢話ばかりする

鼻につく人は自分の自慢話が大好きです。

常に自分と他人を比べ、他人を見下したような態度をとり、自分の方がすごいというアピール話始めます。

自分のことが大好きで注目の的でいたいと常に感じています。

他人に話の中心になってもすぐに自分の自慢話にすり替えて、周りの人たちに「すごいね」と褒めてもらうな状況を作り、優越感を満喫することが好きです。

一度、自慢話を始めると永遠と続きます。

周りがうんざりしていてもそのことに気づかず、自慢話を続けているのが鼻につく人の特徴と言えます。

6.見た目が容姿端麗

見た目が容姿端麗の人は、周りからとても注目を浴びやすく鼻についてしまいます。

容姿端麗で仕事ができると周りからすると短所のない人間は羨ましくもあり、妬ましい存在ですよね。

その妬ましい気持ちから周りから鼻についてしまうようです。

持って生まれた美貌ではありますが、時として端緒になってしまうこともあります。

性格が良くても仕事ができても、完璧でありすぎるほど近寄りがたい存在になってしまい、あまりよく知らない他人から反感を買いやすくなってしまいます。

羨ましさを持っていても嫉しさも感じていると妬ましい感情の方が買ってしまいます。

見た目が優れていても苦労が絶えませんね。

7.自分の非を認めない

鼻につく人はプライドが高く、自分の非を認めません。

どんなに自分が悪くても相手のせいにしたり、言い訳ばかりして責任逃れをし、自分が悪くない状況に持って行こうとします。

自分から謝ったりすることはありません。

他人から怒られることや非難されることを一番嫌っており、口が達者なことをいいことに言い訳をして切り抜けようとします。

自分のしていることが一番正しいと思い込んでいるので、自分の非を認めることはほとんどありません。

鼻につく人の特徴を見てきました。

ほとんどの理由が自分のことしか考えていない人の特徴だと言えます。

自分のことが大好きで、自分の言動が一番正しいと思っている厄介者です。

鼻につく人は頭の回転が早く、自分の身の回りの人のランク付けも瞬時に行い、臨機応変に接し方を変えています。

鼻につく人に巻き込まれないように気をつけましょう。