外見が目立つ人は印象に残りますよね。

「派手だな」とか「ちょっと独特のファッションセンスだな」という風に思ってしまうものですが、

そういった服装をしている人の性格的な特徴とはどういったものなのでしょうか?

なぜ派手な服装をしているのでしょうか?

1.自己防衛本能が強く働く性格

外見が派手な人に持つ印象としては、目立ちたがり屋だと思ってしまうものです。

しかし実際には服装によって、自分を守るために派手な服装をしているという真逆の場合もあります。

人は見た目で人のことを判断するところが多く、服装から受けるイメージも少なくありません。

服装を変えることにことで、自分の持っているイメージも変えることを知っていて、それを利用して派手にしています。

外見を派手にすることによって、自分の素が見えるのを隠すことができ、本来の自分が周りに見えるのを防衛することができます。

派手な外見の人の中には、コンプレックスや不安などを抱えていて、

それを周りに知られたくないという気持ちがある場合が少なくありません。

派手な服装をすることによって、派手な服装で自分を隠すようにして、本来の自分が見えるのを防ぎ自分を守っているのです。

2.特定のブランドで身を固めている人は保守的

派手な服装をしている人の中には、特定のブランドで身を固めていて、派手に見える服装をしているという人もいます。

いつも同じような服装をしていて、派手だけれども同じような感じだという人は、

保守的でそのブランドを身につけていると安心だと思っているところがあります。

派手な服装をしている人は、保守的ではないと思いがちですが、そうではないのです。

同じような服装をしている、同じブランドで身を固めていてそれが派手という人は、

保守的で人の言うことを聞き入れたり、自分の考え方を変えたりするのが苦手だといった特徴も持っています。

3.他の人と自分を区別して主張したい

派手な服装をしている人の中には、1で紹介したように自己防衛本能が強く働いている人もいますが、

そうではなく派手な服装をすることで自己主張をしたいという人もいます。

人と同じが嫌、流行に乗るのが恥ずかしいと考える結果として、人とは違った派手な服装をしています。

かなり奇抜な服装をしている、ファッションセンスが独特だという人は、

服装を派手にすることによって自分と他の人の違いを周りにアピールしたいと思っています。

こういった人は、地味な服装をしている人のことをつまらないという風に考えたり、時には批判をすることもあります。

4.自分をしっかりと持っていない

派手な服装をしている人は、自分の独特なセンスを持っている、

自分をしっかりと持っていてファッションにおいてもこだわりがあると思いがちですが、そういった場合だけではありません。

性格として自分の意見をしっかりと持っておらず周りに流されやすい、自分に自信がないという場合も多いです。

そういった自分のなさというものを隠すために服装を派手にしていることがあります。

服装以外のところで主張するところがある、自分に自信があるという人は、

他の人と同じ服装にしていて地味にしていても安心できるのですが、派手にしている人はそれでは物足りないのです。

外見を派手にしている人を目にした時に持つ印象としては、遊んでいそう、

性格がかなり変わっている、目立ちたがりなどというものです。

しかし実際の性格がこういったものではなく、真逆の性格を持っているという人も少なくありません。

派手な服装をすることで自分を守っている人もいますし、自分自身にコンプレックスを抱えている人も少なくないのです。