人間にはアウトドア派で外に出掛けるのが好きな人もいれば、

インドア派で家にいるのが好きという人もいます。

インドア派の人にはどういった特徴があるのでしょうか?

ここではインドア派の人の特徴についてご紹介していきます。

1.一人でいることが好き

インドア派の人の特徴の一つとして挙げられるのは、一人でいるのが好きといったところがあります。

外出をして大勢の人と関わる機会を持つのであれば、

家で一人でいてゆっくりしたいという気持ちが強く出掛けることに対して億劫になります。

用事がある際には外出することもありますが、できれば家にいたいなという風に考えていて、

結果としてインドアになるといったところがあります。

人と関わることが嫌いという人ばかりではないのですが、人といるのが疲れるという人が多いです。

2.インターネットやゲームなどが大好き

インドア派の人の特徴として自宅で楽しめるインターネットやゲームが大好きで、

外出して得られる楽しみがなくても、家にいることで十分に楽しめるという傾向があります。

インターネットやゲームで何時間も費やすことができて、それが楽しいので、

外に出てアクティブに活動する時間がもったいないと思っています。

こういった人は、家にいることを自分で選んでいるのであって、アウトドア派でないことに対して引け目を感じたりしていません。

3.内向的で友達が少ない

インドア派の人の特徴として、性格傾向が内向的だというところがあります。

友達が多い方ではない方ではないので、誘われて外出するということが少ないですし、結果的に自宅にいることになります。

友達が少ないので、自分から誘うということも少ないのですが、本人はそれは仕方がないと思っている場合が多いです。

それとは逆にアウトドア派の人は友達と関わるのが多く、大勢でわいわいと騒ぐことが好きです。

4.人ごみに行くとしんどいと感じる

外に出ると人が大勢いる場所もありますし、食事場所でも混雑していて長い時間を待たないといけないといったこともあります。

インドア派の意図はそういった人がたくさんいる場所を苦手に感じていて、

人によっては疲れが半端ないと思い、そういった機会を避けたいと思います。

人に誘われて渋々出かけることはありますが、恋人ができても家で過ごしたり、ゆっくりしたりということを好む人が多いです。

人ごみに出掛けるアウトドア派の人を見ていると、何が良いんだろう?疲れに行くようなものなのに?

という風に思って不思議に思っています。

5.自分の活動で疲れを感じている

休日以外の学校や仕事などの活動で疲れを溜め込んでいて、休日はゆっくりしたいと思っている場合には、

どうしてもインドアになってしまいます。

元々アウトドア派だったのにインドア派になったといった人は、現時点では疲れやストレスなどからインドアになっていて、

ゆっくりしたいと思っていることがあります。

そういった人は、疲れやストレスが軽減して元気が出てくることで、インドア派からアウトドア派に変わるといったことも期待できます。

最近急にインドア派になったという人は、体や心が疲れているというサインでもあるので、

そういったところのメンテナンスに心がけて過ごす必要があると言えます。

このようにインドア派の人には色々な傾向があり、家の中が充実していて外に出て行く必要がない人から、

疲れていてゆっくりしたい人、内向的で友達がいない人など様々な理由があります。

今はネットやゲームなど自宅でいても楽しめる時代になっているので、これからもインドア派の人は増えていく傾向があると感じます。

インドア派の人はインドアであることが自然なので、無理してアウトドアに出掛ける方が疲れると思っています。