男性が結婚を決めるタイミング4個

男性が結婚を決めるタイミング4個

一般的に男性よりも女性の方が、結婚に対する意識が強いものです。

そのため交際しているカップルの内、女性が結婚を考えていても、

彼氏の方はなかなか結婚を決意してくれないということが少なくありません。

では、男性はどんなタイミングで結婚を決めるのか、見ていくことにしましょう。

1.昇進や昇給が決まった

自営業などのケースは別ですが、男性は自分の勤務先での昇進が決まったり、

昇給が決まったタイミングで、結婚を決意することが少なくありません。

結婚して男性が家庭に入るというケースもなくはありませんが、ほとんどの場合、

結婚すれば男性の収入で家計を支えていくことになるでしょう。

つまり、経済力があることが男性にとっての結婚を決めるための条件なのですが、

昇給はその条件を満たすタイミングになるわけです。

また、昇進すればほとんどの場合、収入も増えますし、なによりも社会的な信用はまちがいなくアップします。

周囲の評価が上がるだけではありません。

勤め人にとって、昇進ほど自信がつくできごとはないでしょう。

「自分もこれだけのポジションにつけた」という自信が男としての自信につながり、

「これなら家庭を持ってもじゅうぶんにやっていける」という意識を生むのです。

また、昇進や昇給が決まると、自然にテンションがアップしますから、

その高揚感が結婚を決意させるという側面もあるでしょう。

2.転勤が決まった

転勤が決まり、遠い所へ引越さなければならなくなった時も、男性が結婚を決めるタイミングの一つです。

もちろん、転勤が決まった男性が誰でも結婚を意識するわけではありません。

交際している女性がいて、その女性のことを真剣に愛してるケースに限ります。

男性は真剣に愛している彼女がいても、それだけでは結婚を決意しないことが少なくありません。

しかし、転勤が決まり、「このままでは遠距離恋愛になってしまう」と考えた時、「結婚」の二文字を強く意識するようになります。

遠距離恋愛になって、結局別れてしまうことも想定できるでしょう。

そうした想像をした時、「彼女とは別れたくない」と強く思い、「ならば結婚すればいい」と決意するわけです。

それまで結婚を意識していなかった男性が、転勤が決まったために突然、結婚を決めるということがあります。

3.彼女の手料理がおいしかった

交際している彼女の手料理を食べたことが、男性に結婚を決意させるというケースもあります。

昔からよく、「男のハートをつかむためには、まず胃袋をつかめ」と言われますが、

男性の多くは「料理上手な女性」に強く心惹かれるものです。

ですから、交際している彼女の家に遊びに行った時、彼女から手料理をふるまわれれば、

それだけで男性のテンションは最高にアップするでしょう。

そして、その料理が心底おいしいと思えるものだった場合、

「こんな女性が嫁さんになってくれればなあ」という意識を持つようになります。

交際している彼女が作ってくれた料理を食べておいしかった時、

これも男性が結婚を決めるタイミングということができるでしょう。

4.彼女の親と打ち解けられたとき

交際中の恋人の親と会うというのは、それだけ二人の関係が深くなった証拠と言っていいでしょう。

女性の場合は、彼氏の親に紹介された時、結婚を強く意識するものです。

しかし、男性は鈍感なところがありますから、単に彼女の親に会っただけでは、

結婚を決めるということにはなかなかなりません。

彼女の親と会って、会話をし、打ち解けることができたタイミングで、

「この人たちが自分の親になることに抵抗はない」と感じ、彼女との結婚を決めることが多いのです。

彼女の親との相性の良さを感じた時が、男性が結婚を決める一つのタイミングということになるでしょう。

いかがでしたか。

男性はどんな時に結婚を決めるのか、主なタイミングを紹介しました。

積極的に婚活をしているような男性でなくても、

彼女がいる男性は上記のようなきっかけで結婚を決意することがめずらしくありません。

参考になさってください。

男性が結婚を決めるタイミング4個の関連記事