結婚前提として付き合う男性の特徴5個

結婚前提として付き合う男性の特徴5個

結婚を前提として女性と付き合う場合と、そうでない場合とでは、

女性に対する男性の言動が違ってくることがあります。

ここでは、現在交際中の相手女性との結婚を真剣に考えている男性、

結婚を前提として女性と付き合っている男性について、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

1.自分の親に彼女を会わせたがる

男性が交際している女性との結婚を望んでいる場合に取る行動はいくつかありますが、

代表的なのが「彼女を自分の親に会わせる」ということでしょう。

言うまでもなく、結婚すれば彼女は自分の親と義理の親子関係になります。

男性としては、「ぜひその親子関係が良好なものになってほしい」と願っています。

そのため、彼女をできるだけ早い段階で親に会わせて、仲良くなってほしいと思うのです。

同時に、親に彼女に合わせることで、親に対して「この彼女との結婚を考えていますよ」ということを、

無言のうちにアピールしたいという思いもあるでしょう。

もし、交際してる彼氏が、なんとかして自分の親に会わせようとする場合は、

結婚を前提とした付き合いである可能性はかなり高いと考えていいでしょう。

2.彼女の親に会いたがる

彼女を自分の親に会わせたがる一方で、自分も彼女の親に会いたがるというのが、

結婚を前提とした付き合いをしている男性の特徴です。

そこには、「彼女の親と仲良くなることで、彼女との結婚に近づきたい」という思いがあります。

彼女の親と会って、親しく会話をし、その結果、彼女の親に気に入ってもらえたとしましょう。

もし、「あんな好青年が娘の婿になってくれたらいいな」と親が思うようになれば、

親の方から彼女に結婚を勧めてくれるかもしれません。

そこまでは期待できなくても、親と仲良くなることは、

彼女との結婚を現実のものとする上で、プラスにしか作用しないでしょう。

「家族のような付き合い」になれば、そのまま、本当の家族になる道も開けるに違いありません。

こうしたことを考えるために、結婚を前提とした付き合いをする男性は、その彼女の親に会いたがるのです。

3.仕事がうまくいっているという話をよくする

交際中の彼女との結婚を真剣に考えている男性は、自分の仕事の話を彼女によくします。

結婚を考えていない場合でも、仕事の話をする男性は少なくありませんが、

結婚を前提としている男性にははっきりした特徴があります。

それは「仕事に関する良い話しかしない」ということ。

仕事に関する悩みや、失敗談は話しません。

いかに今、自分は仕事が順調であるか、どれだけの実績を仕事で上げていて、

上の人からも高い評価をされているかを力説します。

そこには、「自分は仕事が順調で、将来性も高く評価されているから、

結婚してもしっかり家庭を支えていけるよ」というアピールが隠されていると考えていいでしょう。

つまり、自分が結婚相手としてふさわしい男であることをアピールするため、

仕事がうまくいっているという話をよくするのが、結婚を前提として女性と付き合っている男性の特徴です。

4.預貯金額の話をする

男性が女性に、自分が結婚相手としてふさわしいことをアピールする方法が、もう一つあります。

それは、「じゅうぶんな預貯金があること」。

結婚にはそれなりの資金が必要です。

結婚生活を円滑に進めていくためにも、蓄えは多ければ多いほどいいでしょう。

男性は結婚を考えた時に、まず「結婚資金」を意識するために、彼女に自分の預貯金額を話して、

「だから安心して結婚できるよ」というアピールをします。

5.彼女の手料理を食べたがる

交際中の彼女との結婚を強く意識している場合、男性は彼女の手料理を食べたがるケースが少なくありません。

結婚すれば彼女の作る料理を毎日食べるようになると考えるため、その腕前を知っておきたいと思うのです。

昔とは違い、今は結婚したからと言って、必ず奥さんの手料理を毎日食べるわけではありません。

しかし、男性の多くは「結婚すれば奥さんが料理を作るのが当たり前」という従来通りの考え方をするために、

料理のグレードを知ろうとします。

いかがでしたか。

結婚を前提として女性と付き合っている男性について、どんな特徴があるのか、主なものを5点紹介しました。

彼氏の気持ちを読み解くための参考になさってください。

結婚前提として付き合う男性の特徴5個の関連記事