女性が結婚に踏み切る決め手5個

女性が結婚に踏み切る決め手5個

彼氏のことが好きで好きで「結婚相手はこの人しかありえない」と思って、

そのままゴールインというケースも中にはあるでしょう。

しかし、交際中の彼氏との結婚を考えながらも、なかなか結論が出せずに悩むというケースも少なくありません。

その場合、何が決め手になってその彼氏との結婚を決めるのか、

女性が結婚に踏み切る決め手について見ていくことにしましょう。

1.いざという時に頼りになる

恋人としてつきあうなら、少々頼りない男性でも「あり」と考える女性が少なくありません。

頼りない男性は女性の母性本能を刺激しますから、かえってそこが魅力に感じられることもあります。

しかし、結婚相手となるとそうはいかないでしょう。

結婚生活には現実的なさまざまな問題が生じるに違いありません。

さらに、子どもが出来れば、子どもに関する問題やトラブルが発生することも想定しないではならないでしょう。

そんな時に、父親として、夫として、まったく頼りにならないのでは困ります。

トラブルや問題から逃げないで、それに対応してくれることが、夫になる人には必要です。

ですから、彼氏に何かの悩みを打ち明けた時、真剣に話を聞いてくれ、

的確なアドバイスをしてくれたとか、デート中のトラブルを上手に処理してくれたというようなことがあって、

「この人はいざという時に頼りになる」と認識すると、それが結婚の決め手になることが少なくありません。

2.根がまじめで仕事熱心

普段はどうであれ、「根がまじめ」というのも、女性が結婚相手に求めることと考えていいでしょう。

それは、「ちゃんと仕事をしてくれる」という意味のまじめさです。

女性一人が働いて家計を支えるというケースは別ですが、

そうでない場合、「仕事をちゃんとする」ということが、夫になる人の必須条件です。

ですから、交際している彼氏に欠点があって、理想の結婚相手とは言えなくても、

「でも、毎日きちんとまじめに仕事をするし、仕事に対してはかなり熱心」という評価を彼氏にすると、

それが決め手となって、「結婚相手として合格」という判断を下すことが少なくありません。

ほかにどんな欠点があったとしても、根がまじめで仕事熱心であること、

これが、女性が結婚を決意する決め手の一つということができるでしょう。

3.彼氏の親との相性が良い

彼氏との相性がいくら良くても、彼氏の親との相性が最悪というのでは、結婚生活はなかなかうまくいかないでしょう。

ですから、女性は結婚を考えた時に、彼氏の親と自分との相性を、判断材料の一つにすることが少なくありません。

彼氏の親と何度か会って話をして、「この人達となら、うまくやっていけそう」と感じることができると、

それが決め手になって、結婚を決意するということがあります。

特に嫁姑関係は、女性にとって結婚した際の大きなテーマになりますから、

彼氏の母親を「良い人」と評価することができると、結婚を決めるケースが少なくありません。

4.高収入

よほど自分に経済力があって、「結婚しても仕事を続けたい。

場合によっては夫に主夫になってもらってもいい」と考えている女性は例外ですが、

多くの女性は、夫になる人に経済力を求めるものでしょう。

夫の収入は多いに越したことはありません。

ですから、ほかに何らかの欠点があったとしても、彼氏の収入がずば抜けて高ければ、

結局はそれが結婚に踏み切る決め手になることが多いのです。

5.金銭感覚がしっかりしている

ある程度の好収入があっても、金銭感覚に問題があって、

浪費ばかりしてしまうというのでは、結婚相手には選びにくいでしょう。

逆に、金銭感覚がしっかりしていて、将来を見すえて計画的にお金を使い、

お金を貯めることができる男性であれば、金銭面に関しては安心して結婚できるということになります。

つまり、「彼氏の金銭感覚がしっかりしていて、安心できる」ということが決め手になって、

女性が結婚に踏み切ることがあります。

ここでは、女性が結婚に踏み切る「決め手」にはどんなものがあるのか、5種類紹介してきました。

交際中の人との結婚を意識している方は参考になさってください。

女性が結婚に踏み切る決め手5個の関連記事