浮気で修羅場を迎える人の特徴3個

浮気で修羅場を迎える人の特徴3個

ほんの軽い気持ちでしてしまった浮気によって修羅場を迎えてしまう人っていますよね。

今回はそんな浮気で修羅場を迎える人の特徴についてご紹介します。

1.近場で相手を探してしまう

パートナーが浮気をしたと分かった時にその浮気相手を全く知らない場合と、

自分の知っている人だった場合とでは、同じ「浮気」と言っても受けるショックははるかに知っている人の方が大きいですよね。

例えば旦那さんが奥さんに隠れて浮気をしたとします。

その浮気相手というのは自分の子供と同じ幼稚園に通う子供のお母さんだったとしましょう。

その場合、奥さんもその浮気相手にあたる人を知っていて、

幼稚園の送り迎えなどで毎日のように笑顔で顔を合わせているかも知れませんよね。

何も知らずに浮気をされているのですから、奥さんとしてはその事実がわかった時に怒りよりも何よりも、

自分の事があまりに情けなくてたまらなくなってしまうでしょう。

そして次に、旦那さんとその浮気相手である顔見知りの奥さんの事をどうしても許せなくなるはずです。

自分の生活圏内で、しかも子供の通う幼稚園を出会いの場として浮気をしていたという事に、

かなりの嫌悪感を感じてしまいその怒りとショックを鎮めるために旦那さんと浮気相手に対して攻撃をしかける事は必至です。

全ての非は旦那さんとその浮気相手な訳ですが、身近で浮気相手を見つけようとすると、

そのように修羅場を迎えてしまうことになります。

2.度重なる浮気にも懲りずに繰り返してしまう

何度も懲りずに浮気を繰り返してしまう人の心理というのは一体どういったものなのでしょうね。

おそらく「自分はそれほど悪い事はしていない」とでも思っているのかも知れません。

パートナーに浮気がばれても、その都度許されてきたという甘えの気持ちがありますから、

「きっと今回も時間が経てば許してもらえるはず」と考えて繰り返してしまうのでしょう。

ところが、浮気をされた方というのはそう簡単に「浮気をされた事実」を忘れるわけではありませんし、

毎回心の底から許しているわけでもありません。

それまでぐっとこらえていたものが、ある日突然ぷつっと我慢の限界を迎えてしまうこともあります。

ですから、何度も浮気を繰り返してしまう人というのはある日突然にそれまでとは違い、

浮気によって修羅場を迎えてしまうことがあります。

パートナーが我慢の限界を迎えた時には後先考えずそれまでの怒りを全力でぶつけてきてもおかしくはないからです。

3.タイミングを考えず突っ走ってしまう

妊娠している時や、出産直後といったタイミングで自分の旦那さんがもしも浮気をしてしまったら、

その事を奥さんは一生忘れる事はないでしょう。

奥さんだけではなく、奥さんの家族や友達、あるいは旦那さん側の家族からも非難されてしまうかも知れません。

女性は命がけで出産をするわけで、その子供というのは奥さん1人だけの子供ではありませんよね。

そんなタイミングで浮気をする旦那さんというのは、完全に浮気の域を超えています。

奥さんが命がけで頑張っている時に浮気をするというのは、修羅場を迎えても当然のタイミングと言えるでしょう。

また、子供の誕生日や結婚記念日など、浮気がばれてしまった日にたまたま家族の記念日や、

イベントと重なっていた場合にも修羅場を迎えてしまう可能性があります。

仕事上で重大な役割を担っている時や、家族の介護などで家族みんなが疲れきって他の事を考える余裕がない時なども、

浮気をするタイミングとしては最悪のタイミングにあたるでしょう。

タイミングを考えず欲望に任せて浮気をしてしまう人というのは修羅場を迎える典型的なタイプと言えるでしょう。

修羅場は1度だけとは限らない

過去の浮気で修羅場を迎えたことがあるという人は、

その後も同じように浮気を繰り返すことで何度でも修羅場を迎える可能性があります。

それは本人が全く反省をしていないという事が顕著に現れているからです。

また、独占欲が強いパートナーを持っている人が浮気をすると、

たった1度の浮気でもパートナーの怒りが大きすぎて修羅場を迎えることがあります。

自分のパートナーを大切に思って普段からそのような態度を取っていれば、

修羅場を迎える事はまずないと言えますが、そもそも浮気自体が修羅場の原因となってもおかしくない行為だということを、

しっかりと肝に銘じておきましょう。

浮気で修羅場を迎える人の特徴3個の関連記事