見るに堪えない人の特徴5個

見るに堪えない人の特徴5個

見るに堪えないという言葉は、あまりに惨めでずっと見ていることが堪えがたいという意味です。

見るに堪えない人は何が惨めで相手にそんな印象を与えてしまうのでしょうか。

その特徴をご紹介します。

1.身だしなみがひどく乱れている

人の見た目というものは印象に大きくかかわってきます。

むしろ、最初の段階では印象そのものといっても過言ではありません。

見た目でどうしてもみすぼらしい印象を与えてしまったり、

不潔そうな印象を与えてしまうと、人はその人を「見るに堪えない」と思い避けるようになります。

髪型がぼさぼさでとても見られたものではない人もいますし、

身に着けている服が毛玉だらけでだらしない印象を受ける人もいます。

身だしなみは人と向き合ったときに相手の目にしっかりと映るものなので、

見るに堪えない人というのは身だしなみがひどく乱れていて印象の悪い人が多いです。

2.要領を得ない仕事のし方をする

上では見た目の話に触れましたが、その人の行動を見ていて、相手が「見るに堪えない」と感じることも多々あります。

例えば仕事をしていて、他の人が同時進行でこなせる作業を一つ一つ丁寧にこなしていかないと仕事ができない人は、

周囲に「あの人は仕事ができない、仕事が遅い」というレッテルを貼られてしまいがちです。

こうなれば、その人の仕事ぶりを見ている人は見るに堪えないと思ってしまうのは無理ないでしょう。

仕事が人と比べて要領を得ない人は、見るに堪えないという印象持たれがちです。

3.言い訳ばかりする

何か失敗をしたときや、トラブルにあったとき、すぐに自分の非を認めず言い訳を重ねる人がいますよね。

特に誰が見ても原因がその人にあることが明らかである場合、言い訳ばかり言うその人はとても見苦しいものです。

見苦しいというのは見るに堪えないということですから、言い訳ばかりする人は周りから見るに堪えないと思われることが多いでしょう。

自分の過ちを認め、真摯に謝罪するよなすがすがしい姿勢と比べると、とても嫌な印象ですよね。

4.同じ失敗を繰り返す

同じ失敗を繰り返す人や、注意されたことがいつまでも直らない人は、それによって周囲の人に迷惑をかけることが多いです。

その迷惑により、いつもその人の印象はあまりよくなることはありません。

皆の前で同じ失敗を繰り返し、それを見て皆は「見るに堪えない」と感じるようになります。

こうなってしまってはなかなか周囲から信頼を勝ち取ることは難しいです。

5.マイナス発言が多い

周りから見て印象が悪いことの一つとして、マイナスな発言が多いことがあげられます。

マイナスな発言とは、心配や不安をあおる発言だったり、愚痴は文句などがこれにあたります。

やはり人と会話していて、皆明るく楽しい話題で盛り上がっていたいと思うのが普通です。

けれど、あまりそのような話題を口にすることなく、どちらかと言えば人をけなすような発言や、

「疲れた」などの相手がなんとも反応しがたいような発言が続くと、人はその人と会話をすることを避けるようになります。

このように、マイナスな発言が人よりも多い人は、見ていて気持ちいいものではないですよね。

特に人をけなしたりあら探しをするような言葉が多いと、「自分も陰で言われているのかもしれない」と相手は感じるようになります。

見るに堪えない人というのは、このようにその人の発言をとっても印象が悪い人が多いです。

上であげてきたような特徴を持つ人が主に見るに堪えない人ということにはなりますが、

あなたも上のような性質にはならず、人に悪印象を与えるようなことは避けましょう。

見る堪えない人にはならないように気を付ければ、人との付き合いもうまくいくことが多いです。

見るに堪えない人の特徴5個の関連記事