目を背ける人の特徴3個

目を背ける人の特徴3個

嫌な事があった時や面倒な事があった時、

ついつい目を背けて知らなかった事にしてしまう人っていますよね。

そんな人の特徴についてご紹介します。

1.面倒な事に出来るだけ関わりたくないと思っている

面倒な事に顔を突っ込むのが好きな人というのは、当事者からはおせっかい焼きだと思われたり、

ありがた迷惑だと思われたりしてしまいがちですが、結果的にその人のおかげで解決する事が出来たり、

解決の役に立ったりする事もありますので感謝される事も多々あるでしょう。

一方で、面倒な事には一切関わりを持ちたくないと思う気持ちから、そういった事に対してすぐに目を背けてしまう人もいますよね。

面倒な事に巻き込まれると自分の思考もその事が気になって大部分を占めてしまいますし、

自分とは一切関係のない事に関してであればなおさらの事悩む必要のないところでムダに悩みを抱え込んでしまうわけですから、

精神的にもかなり疲れる作業だと言えるでしょう。

また、自分自身の問題に関して目を背けてしまう場合、

いつかは解決しなければいけない問題であるにも関わらず目を背けた状態でやり過ごす事が出来れば、

それが1番楽で良いと考えているふしがあります。

結局は楽に解決できる事なんてそうそうありませんから、

目を背ける以前にどうしたら良いだろうかと解決方法を探る方が賢明だと言えるでしょう。

2.様々な事に耐性が無くすぐにダメージを受けてしまう

色んな人生経験を積んで上手に年を重ねてきた人というのは、悲しい事やつらいことがあったとしても、

臨機応変に対処して前向きに取り組んでいく事が出来ますね。

けれども、毎日同じような生活を続けていたり、新しい事や苦手な事にチャレンジしてこなかった人というのは、

目の前に大きな困難が待ち受けていたり、自分が苦しむ事が分かっている場合、

それに突入する勇気も度胸もありませんからついつい目を背けてしまいます。

やらなければいけない事に対して何度も目を背けて通ってきた人というのは、目を背ける事が当たり前になってきて、

嫌な事や解決すべき事にどんなふうに向き合って良いのかが分かりません。

仮に向き合ってみたところでそれまで真正面から困難解決に取り組んできた事が無いわけですから、

精神的に受けてしまうダメージは大きく、そういったダメージを受ける事を避けたいという気持ちから、

再び困難に立ち向かおうとする勇気を振り絞るまでにはかなりの時間を要すると言えるでしょう。

3.自分だけの時間を邪魔されたくないと思っている

スケジュール通りに過ごしたいとか、今日は自分の好きなように時間を使いたいといった場合、

そのタイミングで目の前に思ってもみないような困難が待ち受けていたとしたら、

「ここで無駄に時間を使うわけにはいかない」ととっさに考えてしまいますよね。

そんなふうに思った段階で見てみぬ振りをしているのは確実なのですが、確実に自分の思い通りにしたいがために、

目の前の困難から目を背け、何事も無かったかのように過ごす事で自分の当初の計画を、無理やり通そうとしてしまいます。

結果的に他人に迷惑をかけなければ目を背けようが何をしようが自分ひとりが困る事ですから、

自由にして頂ければ良いですが、自分の事だけを考えて他人に被害が及ぶ事まで目を背けてしまうのは困りものですね。

目を背けたところで結果的に良い事は起こらないと考えて、速やかに対処する方が確実に良い結果が出るというものでしょう。

目を背けた方向にも困難が待ち受ける

自分の力で解決しなければいけないことと言うのは、どんなに目を背けたところで回りまわって確実に自分の元に戻ってきます。

目を背けたその方向に新たな困難が待ち受けていたとしたら、目を背けたい事柄が増えてしまうだけで何の解決にもなりません。

自分でやるべき事なのだ、解決すべきことなのだという腹をくくって、速やかに問題解決に取り組む事が大切だと気付くべきでしょう。

目を背ける人の特徴3個の関連記事