妥協して結婚する女性の特徴4個

妥協して結婚する女性の特徴4個

相手の男性について不満な点を感じながらも、

「でも、まあそこには目をつぶって、この人と結婚しよう」と決める女性がいます。

ここでは、そのように妥協して結婚する女性に注目し、

どんな理由で妥協するのか、どんな特徴を持っているのかを見ていくことにしましょう。

1.年齢的なタイムリミットを自覚している

昔は「女性の結婚適齢期は○○歳まで」というように、かなり具体的に適齢期を考える人が多くいました。

最近は晩婚化が進んで言いますし、それほどタイトに「何歳までに結婚すべき」と考える人は減っていると考えていいでしょう。

しかし、それでも女性は、それぞれに「自分の考える適齢期」や、

「結婚するための年齢的なタイムリミット」を決めているケースが少なくありません。

特に「結婚したら子どもがほしい。

母親になりたい」と考える母性本能の強い女性は、母になるための年齢的タイムリミットを考えないわけにはいかないでしょう。

ですから、そのようにして自分で設定した年齢的なタイムリミットが近づいてくると、

相手の男性に不満点はありながらも、「もう、このへんで決めないと」という焦りから、

妥協して結婚することになるわけです。

タイムリミットを超えてしまった場合は、さらに妥協しやすくなると考えていいでしょう。

2.結婚のプレッシャーから解放されたい

多くの女性はある程度の年齢になると、周囲から結婚を急かされたり、自分で結婚に対する焦りを感じるようになるものです。

早く結婚しろと親や親類からうるさく言われたり、職場の上司や先輩からセクハラまがいの言い方で、

結婚を急かされるということもあるでしょう。

周囲がそこまでうるさくないケースでも、学生時代の友達や職場の同僚がどんどん結婚していくのを見れば、

結婚願望のある女性は焦りを感じないではいられません。

つまり、ある年代になると女性は「結婚という呪縛」に苦しむようになってしまうわけです。

この呪縛を解くには、結婚してしまうというのが、言うまでもなくもっとも有効な対処法です。

そのため、例えば婚活で出会った男性に対して、小さくない不満点を感じていても、

「とにかく精神的に楽になりたいから、この程度の男性で妥協する」ということになるわけです。

結婚のプレッシャーから解放されたいと思っているのが、妥協して結婚する女性の心理的特徴ということになるでしょう。

3.仕事を辞めたい

結婚に対してそれほど強いあこがれは抱いていなくても、「今のこの状況を変えたい」という思いから、

妥協して結婚するというケースも少なくありません。

では、変えたいと思う状況とは何か。

それは「今やっている仕事」です。

今の仕事に対して強いストレスを感じていたり、職場の人間関係に悩んだりして、「辞めよう」と考えたとしましょう。

その場合、転職するという方法もありますが、女性には「結婚して寿退職する」という選択肢もあるわけです。

そして、「もう仕事はしたくない」と思えば、転職ではなく寿退職の道を選ぶでしょう。

その場合は、少しでも早く退職したいのですから、結婚相手に対する条件はとうぜん緩やかなものになり、

大して好きでもない男性、欠点のある男性でも妥協して、結婚することになります。

4.自己評価が低い

自己評価が高く、自分に対して自信のある女性は、簡単に妥協して結婚するということはありません。

目の前に現れた男性がある程度の高いスペックを持っていたとしても、

「自分にはもっとふさわしい人がいるはずだ」と考え、簡単には結婚には踏み切らないわけです。

逆に、自己評価が低く、自信のない女性は、相手の男性が希望する条件を満たしていなくても、

「自分はこの程度の人でも満足すべき」と考えて、妥協して結婚をします。

つまり、妥協して結婚する女性には、自己評価が低いという特徴があるということになるでしょう。

いかがでしたか。

相手の男性に満足していなくても、妥協して結婚する女性について、

どんな特徴があるのか、ここでは主なものを4種類紹介しました。

女性の結婚観を知るための参考になさってください。

妥協して結婚する女性の特徴4個の関連記事