女性に多いウェディングハイは、本人のテンションとは裏腹で周りの人たちがついていけません。

女友達の中に1人はいるウェディングハイになっている人の特徴を知ることで、うまくコミュニケーションをとることが大切です。

1.結婚の良さを周りにアピールする

ウェディングハイになっている人の特徴で、結婚の良さを周りにアピールすることが挙げられます。

結婚するとどんな生活を送ることができるか、孤独ではなく一生好きな人のそばにいられることの素晴らしさといったことをアピールするため、周りからは少々惹かれてしまうこともあります。

仕事が楽しくて仕事中心の生活をしている友人の前でも結婚の良さをアピールするため、うるさがられてしまうことも多々あります。

2.周りに見て欲しくSNSにアップ

ウェディングハイになっている人の特徴は、SNSにアップしたがることです。

結婚式の準備段階から、結婚式当日やその後の様子などをSNSにアップすることで、周りからの評価や周りの声を聞こうとします。

良かれと思ってSNSにアップしているのですが、周りの評価は素敵と言いつつもしつこいと思っている可能性があるため、結婚式関連のSNSアップに関しては、周りのことも考えながら発信しなければなりません。

3.ドレスを着ている自分に酔いしれている

ウェディングハイになっている人の特徴は、ドレスを着ている自分に酔いしれていることです。

普通の生活では着ることができないウェディングドレスを着ることができることもあり、試着の様子や結婚式当日の衣装チェンジの様子まで、様々なドレスを着ている様子をアップすることで周りの評価を知ろうとします。

自分自身もいつもと違った雰囲気に酔いしれているため、あまりの嬉しさで周りのマイナス意見や、やり過ぎといった声を聞くことができなくなります。

どんどん私を見てといった箇所のアピールをすることにより、周りも本人のキャラクター性にひいてしまいます。

4.幸せであることをアピール

ウェディングハイになっている人の特徴は、幸せであることをアピールすることです。

新婚ホヤホヤの生活の様子を周りの人に話したり、結婚に焦っている友人の目の前で、結婚したことですごく幸せと言うことを話すと、特使の友人からは白い目で見られることがあります。

周りの顔色をうかがいい、友人の様子をしっかり把握した上で話をしないと、人の気持ちがわからない人といったイメージを持たれてしまう可能性があります。

独身で結婚したいと考えている人にとっては、結婚を1つ残ると考えている可能性があるため、どんな些細なことでさえも自慢話に聞こえてしまいます。

5.周りから羨ましがられたい

ウェディングハイになっている人の特徴は、周りから羨ましがられたいと思っていることです。

結婚したことや結婚が決まった事を話したり、結婚式の話をすることで、周りの友人も羨ましがります。

特に女性はあの人だけには先に結婚されたくないといった気持ちが強いため、結婚の報告や結婚準備に関することを伝えるだけでも、普段は自分のことを下に見てる人に一気に差をつけることができたような気分になります。

どんどん羨ましがってくれと言わんばかりの行動をとるため、同じ女性からは引かれてしまうことがあります。

ウェディングハイになっている女性は、自分のことばかりで、人の気持ちを考えることができなくなります。

ウェディングハイになっている人の特徴を掴むことで、かわし方であったり、時間が経てば落ち着くといった気持ちで過ごすしかありません。

冷静でいることがウェディングハイになっている人には必要です。