結婚に迷いを抱える女性の特徴5個

結婚に迷いを抱える女性の特徴5個

結婚といえば、誰にとっても人生を左右する一大イベントです。

決心をして、自分をとりまく環境を変えていくことなので、事前に迷うことは至極当然のことです。

しかし、中には人一倍結婚に対して迷いを抱える人もいます。

今回は、そのように結婚に対して迷いを抱える女性の特徴についてご紹介します。

1.無いものねだりをする

自分が結婚相手として意識する男性に、何もかも完璧な男性はそうそういるものではありません。

性格、顔だち、収入、育ちなど…何をとっても非の打ちどころがないような、

そんな素敵な男性と付き合った末に結婚できれば何よりですが、現実はなかなかそうはいきませんよね。

自分の彼氏が持っていないものばかり数えてしまい、「もしこの人と結婚したら、

これが欠けているから困りそう」と結婚に不安を覚える女性は、結婚することに対して迷いを抱いてしまいがちです。

自分の彼氏の良いところ、自分が好きなところをしっかり見て、

彼の欠点とはどう向き合っていくかを考えられない人は、

どんな人と結婚前提に付き合ってもなかなかうまくいきません。

2.気が多くて惚れっぽい

逆に、誰の長所も素敵だと思ってしまう女性は、気が多くて惚れっぽいなどとよく言われます。

そんな人は、自分に対して優しくしてくれる男性は誰でも、

魅力的なところを持っている男性なら誰でも好きになってしまう傾向にあるので、

一人のパートナーを決めるという意味では結婚にはなかなか踏み切れません。

そのような性質ゆえに、結婚には常に迷ってしまうでしょう。

3.趣味を大切にしている

一人の時間や趣味の時間を大切にする女性は、

恋人がいてもなかなか「結婚したい」という思いを振り切れさせずにいることが多いです。

結婚は家庭を作るということですし、すぐではなくてもいずれは出産し、育児に専念しなければいけなくなる時は来るでしょう。

そうなってくると、自分の趣味の時間を持つことはなかなか難しくなってきますね。

これを思うと、結婚することにあまりメリットを感じられず、

「彼のことは好きだけど結婚はどうしようか…」という思いをしばらく抱えることになってしまいがちです。

4.自分に自信が無い

結婚を意識したとき、幸せな気持ちになる人が多いのはもちろんですが、途端に嫌な気持ちになってしまう人もいます。

彼のことが嫌いというわけではないのに、なぜ嫌な気持ちなってしまうのかと言えば、自分に自信がないからです。

自分は彼と結婚してうまく家庭を作っていけるのだろうか、彼は自分にいつか飽きてしまわないだろうか、子供が生まれたときにお母さんをうまくやれる自信がない…など、自分に自信がない人は、彼と幸せな家庭を作っていく自分の像をイメージしづらいのです。

自分に自信がないがゆえに、どうしても結婚には迷ってしまうところがあります。

5.結婚後の大変さばかり考えてしまう

結婚といえば、大好きな彼とずっと一緒にいていつも幸せ…ということばかりではないのが現実です。

意見の食い違いから離婚の危機にまで発展するようなケンカももしかしたら起こるかもしれませんし、

お互いに子供が欲しくても子宝に恵まれないこともあります。

ずっと一緒に居たくても、彼は仕事で単身赴任してしまうかもしれませんし、

家庭に入るつもりだったのに彼が病気で働けなくなり、自分が大黒柱として働きに出る将来もあり得るかもしれません。

結婚して家庭を作っていくということはとても大変なことです。

このように、「もしこんな嫌なことが起きたら…」と大変なことばかりをイメージしてしまい、

結婚したい気持ちはあるけどどうしても踏み切れないという女性も多いでしょう。

冒頭でも触れましたが、結婚は誰にとっても一大決心のものです。

一人の相手を人生のパートナーとして、共に生きていくことを選ぶのですから、

迷いがあるとなかなか一歩踏み出すことはできないものです。

結婚を考えるうえで、揺るがない決断力を持つことは皆が心がけていきたいものですね。

結婚に迷いを抱える女性の特徴5個の関連記事