女性が結婚するメリット4個

女性が結婚するメリット4個

どんなことにもメリットとデメリットがあります。

女性にとっての結婚もその例外ではありません。

結婚を意識している女性の多くは、結婚した際のメリットとデメリットを考えるのではないでしょうか。

ここでは、女性が結婚した時のメリットについてご紹介します。

1.「結婚」のプレッシャーから解放される

今は女性の晩婚化が進んでいますし、結婚しない女性もめずらしくありません。

しかし、生涯結婚しない女性というのは今でも少数派ですから、多くの未婚女性は、

心のどこかに結婚に対するプレシャーを感じていると考えていいでしょう。

特に、いわゆる適齢期になったり、あるいは適齢期をすぎる年齢になると、

周囲から「結婚しないの?」と聞かれることがよくあります。

「親が結婚しろとうるさい」というケースもあるでしょうし、

「同世代の友人が次々にゴールインして焦っている」という人もいるに違いありません。

さらに、「職場でこの歳で独身なのは自分だけだから、肩身が狭い」と感じている人もいるでしょう。

つまり、女性はある程度の年齢になると、結婚に対して小さくないプレッシャーを感じるものです。

女性にとっての結婚の大きなメリットは、つまり、そうしたプレッサシャーから解放されるということになります。

2.経済的に安定する

多くの場合、結婚した当初は共働きになりますから、これまでよりも倍程度の収入が得られるようになります。

あるいは、専業主婦になる場合でも、夫になる人にはそれだけの収入があるわけです。

夫の収入だけで夫婦むりなく生活できるわけですから、これまでよりも経済的に余裕ができると考えていいでしょう。

もちろん、子どもを作ろうと考えている場合は、将来のためにきちんとした家計管理をしなくてはなりません。

しっかり蓄えて将来に備える必要はありますが、これまで自分一人で仕事をして生活してきたことを思えば、

収入が増え、経済的に安定することは間違いないでしょう。

専業主婦の場合は、「何かあったら自分も働きに出ればいい」と考えるため、精神的な余裕も生まれるのです。

3.母になる喜びを味わえる

今は、結婚しても子供は作らないというケースがめずらしくありません。

しかし、女性には母性本能というものがありますから、多くの女性が出産、子育てを望むこともまた事実です。

もちろん、結婚をしなくても母親になることはできます。

シングルマザーという道もありますが、実際の生活を考えれば、

やはり結婚して子どもを産み育てる方がむりがないと考えていいでしょう。

結婚して、子どもを産み育てることで、母性本能がむりなく満足させられるわけです。

母になることで、女としての大きな喜びを実感することができること、これも女性にとっての結婚の大きなメリットです。

4.安全安心が得られる

好きな人が一番身近にいてくれるというのは、女性にとって大変頼もしく、安心なものです。

そのような精神的な安心感が得られるのが、結婚するメリットの一つと言っていいでしょう。

同時に、防犯上の安全が得られるというメリットもあります。

独身時代ひとり暮らしをしていた女性は、日常生活で防犯を強く意識するものです。

家の近くに不審者がいないか気を配るものですし、近所でひったくりなどの事件があれば、

自分の身を守るために心砕かなければなりません。

夜道を自宅へ向かう時、後ろから歩いてくる男の足音に恐怖を感じるケースもあるでしょう。

結婚して男性と同居をすれば、そうした防犯上のリスクはかなり軽減します。

「いざとなったら夫が助けてくれる」と思えるわけです。

つまり、安心と安全を得ることができるというのが、女性にとって結婚することのメリットということになるでしょう。

結婚するメリットについて、ここでは特に女性に限定して、主なものを4種類見てきました。

もちろん、デメリットもありますが、少なくてもこれだけのメリットはあると考えていいでしょう。

女性が結婚するメリット4個の関連記事