離婚の原因になるやってはいけないこと5個

離婚の原因になるやってはいけないこと5個

既婚者で離婚を考えたことのある人はかなりの割合になるのではないでしょうか。

一説には日本人夫婦の3組に1組は離婚するとも言われています。

では、どんなことが原因で離婚するのか、主なものを見ていくことにしましょう。

1.どちらかが浪費家

夫婦というのはもともと他人で、それぞれに生まれも育ちも性格も違っている二人がいっしょに生活するわけです。

ですから、さまざまなことに関して価値観の相違が生じるのはむしろ当然のことと言っていいでしょう。

その違いをお互いに歩み寄ったり、折り合いをつけたりしながら、夫婦生活を継続していくわけです。

中でも、折り合いをつけなくてはならないのが金銭感覚でしょう。

どちらかが倹約家で、もう一人が浪費家の場合、家計を成立させるためには、

浪費家の方が我慢して、倹約家のほうに合わせる必要があります。

しかし、結婚しても浪費癖が治らず、パートナーに無断で高い買いものをしたり、

趣味やギャンブルにどんどんお金をつぎ込んで、あげくに借金までするというようなことでは、家計は破たんしかねません。

一方が浪費家の場合、その金銭感覚が原因で離婚に至るケースが多いのです。

2.どちらかのDV

夫婦間の家庭内暴力は昔からありました。

ただ、昔はたいてい夫からの妻に対する暴力でしたが、最近は事情が少し違ってきています。

相変わらず、夫からの暴力も少なくありませんが、逆に妻が夫に対して暴力を振るい、

それが原因で離婚するケースが増えているのです。

DVというのは、多分に性格や育ちによるものですから、

たとえ相手に大きな傷を負わせるようなことになったとしても、なかなか改められません。

その時は反省しても、時間が経つとまた繰り返してしまうのがDVというものでしょう。

ですから、最初のうちはDVを受ける側ががまんし、なんとか改めさせようと努力しますが、

実際には改善されないケースが多いのです。

その結果、「もうこれ以上がまんできない」ということになって、離婚に至るというわけです。

3.セックスレス

性の不一致が原因で離婚するというケースも少なくありません。

ある程度の年齢になれば、夫婦間のセックスはその頻度が少なくなるのがふつうですし、

完全にセックスレスになることもあるでしょう。

しかし、結婚してまだそれほどの年数が経っていないとか、

まだセックスレスになるような年齢になっていない場合、夫婦間にとってセックスレスは深刻な問題になることがあります。

二人ともがセックスレスになることを望んでいるなら問題はありません。

しかし、一方だけが夫婦間のセックスを完全に拒絶するような場合、

拒絶された方はフラストレーションを感じ、その結果夫婦関係が破たんすることになります。

4.モラハラ

DVのように肉体的に暴力を振るわれることはなくても、

精神的に相手から深く傷つけられて、それに耐えられずに離婚を申し出るということもあります。

いわゆるモラハラですが、モラハラは肉体的な傷を負うわけではありませんから、

ほかの人に気づいてもらえません。

夫婦間でモラハラをする人の特徴は、「外面がいい」ということです。

嫌がらをするのは、家庭という密室の中だけで、他の人がいるところでは人一倍「良き夫」「良き妻」を演じて見せます。

そのため、人からは「良い旦那さんですね」「できた奥さんですね」と言われます。

二人だけのときとほかの人がいるときのギャップが激しいというのも、

モラハラをされる側にとっては許しがたいものでしょう。

それに耐えきれず、離婚という結論になるわけです。

5.不倫

「離婚原因」と聞いて多くの人がイメージするのが「不倫」ではないでしょうか。

昔から離婚の理由の定番でもあり、今でもそれが原因になって離婚するケースが少なくありません。

一度の不倫で別れるケースもありますが、何度も同じことを繰り返して、

最終的に離婚に至るケースが多いと考えていいでしょう。

浮気癖というのは、本能的欲求という要素が強いため、

浮気がばれて痛い思いをしたとしても、なかなか治るものではありません。

そのため、なんども繰り返し、相手がそれにがまんできなくなるケースが多いのです。

離婚の原因の中で多いものを5種類紹介しました。

既婚者だけでなく、現在交際中の人との結婚を考えている方も、

結婚して「失敗した」と思わないために、参考になさって下さい。

離婚の原因になるやってはいけないこと5個の関連記事