彼女を泣かせた時の対処法4個

彼女を泣かせた時の対処法4個

ちょっとしたことで口論になったり、彼女に寂しい思いをさせてしまったり、

約束を破ったりして彼女を泣かせてしまったことはありますか?

女性は男性に比べて感情に流されやすく涙もろい傾向にあります。

泣いている彼女を目の前にして、ただオロオロしているばかりでは彼女に頼りがいがないと思われてしまいます。

彼女を泣かせてしまった時にはどのように対処すればいいのでしょうか。

1.抱きしめる

彼女を泣かせてしまった時、彼女は悲しみの感情が抑制できずにしばらくは涙が止まらない状態でしょう。

彼女の精神状態がパニックの時に話し合おうとしても、

感情的になっているのできちんと話をすることはできないでしょう。

そのような時は、彼女が落ち着きを取り戻せるように優しく抱きしめてあげましょう。

抱きしめられることで安心感を取り戻し、彼女の感情の整理もついていきます。

彼氏に対して怒っていて泣いている場合には、抱きしめられるのを嫌がるかもしれません。

もし嫌がるようであれば、彼女の気持ちが落ち着くまでそっと側で見守っていてあげましょう。

2.話しを聞く

彼女が一通り泣きつくして落ち着きを取り戻したら、

彼女が泣いている理由について黙って聞いてあげましょう。

彼女があなたに対して抱いている悲しみの感情を全て吐き出すことで、

少しは気持ちをすっきりさせることができます。

くれぐれも彼女が話している最中に、「でもね」「だって」「だけど」といったような否定や反論はしないでください。

まずは、しっかりと彼女の悲しみを理解してあげましょう。

3.謝る

彼女が泣いてしまい、その泣いた内容について明らかにあなたに非がある場合には、きちんと彼女に謝りましょう。

浮気や嘘などあなたに非がある場合には、

何度も謝り反省していることを態度で示すことが大切です。

ささいな口論や冗談からのケンカなどで彼女が泣いてしまった場合には、

きちんと謝ったら彼女もすぐに許してくれるでしょう。

彼女の悲しみが深ければ深いほど、

一度や二度の謝罪ではあなたのことを許してくれないかもしれません。

彼女と別れたくないのであれば、

彼女が許してくれるまで諦めずに何度でも許してくれるまで謝りましょう。

謝る時には、彼女を抱きしめながら誤れば、

好きな気持ちが相手に伝わりやすく効果的でしょう。

4.話し合う

彼女が泣いた理由について、きちんと話し合うことも大切です。

二人の関係をこれかれもずっと続けていきたいのであれば、

お互いの感情を正直に話し合うことでより良い関係に発展させることができるでしょう。

話し合うことで二人の意見がぶつかりケンカになってしまう不安もあるでしょう。

ですがお互いの本心を隠して表面上で付き合っていては、

また彼女を泣かせてしまうことになるかもしれません。

女性は愛されているか不安な時は繊細で涙もろくなりやすいものです。

話し合う際には、あなたの彼女への愛情をしっかりと伝えてください。

彼女があなたの愛情で心が満たされれば、泣くこともなくなるでしょう。

いかがでしたか。

彼女を泣かせてしまう原因は、ほんのささいな口論やケンカ、嘘、浮気、会えない寂しさ、など様々です。

彼女を泣かせてしまったらまずは感情が落ち着くまで、そっと彼女を抱きしめてあげましょう。

落ち着きを取り戻して彼女が話せる状態になったら、彼女の言い分をしっかり聞いてあげましょう。

彼女が話している時には、否定や反論で彼女の話しを遮るような行為は控えましょう。

自分の思いを相手に全部ぶつけることで、彼女の気持ちをスッキリさせることができます。

そして彼女が話し終わったら、今後についてお互いにしっかりと話し合いましょう。

あなたの愛情で彼女を満たしてあげることができれば、

不安になることも無くなり、彼女が泣くことも少なくなるでしょう。

彼女を泣かせた時の対処法4個の関連記事