モテる話し方3個

モテる話し方3個

男女誰しも思うことが、モテたいということです。

友人に彼氏彼女がいる場合は特に、自分も欲しいと思うことでしょう。

しかしモテるといってもそう簡単にできるわけではなく、様々な努力が必要になってくるのです。

では、そのような努力の中には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、モテる特徴の中から、モテる話し方をご紹介していきます。

1.自信を持って話す

モテるための話し方の1つが、自信を持って話すことです。

話し声が小さかったり、弱々しい話し方では、相手にとってよい印象を与えることが少ないといえます。

自信がない人、ハキハキしない人だという印象を持ってしまうことになるでしょう。

自信を持って話すことは非常に効果的であり、相手に良い印象をあたえることができます。

自信は言葉からも表現する事ができ、語尾がはっきりとしている人と、

曖昧な表現な話し方しかできない人では、相手に与える印象は変わります。

当然ながら、語尾をはっきりと話す人の方が与える印象は良く、

自分の話し方に自信がある人、自分の思いをしっかりと表現できると判断され、

他の人にモテやすくなるといえるでしょう。

このように、自信を持って話す人は、モテやすい人だといえます。

男性女性とわず、自信がなくてはっきりしない人よりも、

自分の意見をしっかりと表現できる人の方が印象は良くなります。

モテたいと思っている人は、自信を持って話すことを意識してみましょう。

2.大きな声で話す

モテるためには、大きな声で話すこともポイントになります。

当然ながら、小さな声でボソボソと話すよりも、大きな声で話す方が印象はよくなります。

特に女性は話すことが好きな人が多いため、男性の場合は女性とでもしっかり話すことができる人、

女性の場合では、他の女性よりもアピールできる人でなければなりません。

どちらにせよ、大きな声で話すことは大切であり、相手にアピールしなければなりません。

もちろん、声がただ大きければ良いわけではなく、相手に聞きやすい声である必要があります。

ただ単に大声であれば良いのではなく、大きすぎる声は相手に威圧感を与えてしまうともいえます。

このあたりのバランスは非常に難しいものではありますが、

基本は相手の声と同じくらいのボリュームで話す事を心がけてみるといいでしょう。

このように、モテるためには大きな声で話すことが大切です。

相手に自分の言葉を伝えなければ、自分をアピールすることはできないので、

それなりの声の大きさが必要になってくることでしょう。

3.うなずきをする

モテるための話し方として、うなずきをしてみるのも1つのポイントです。

うなずきをしっかりできている人は、相手に話を聞いている印象をあたえることができ、

色々な人からモテやすくなるといえるでしょう。

また、話し上手は聞き上手とも呼ばれることがあり、聞くことも大切な要素です。

うなずきをしっかりとできる人は、相手に話を聞いていると思ってもらえます。

誰しも話を聞いてもらえることは嬉しいことであり、もっと話をしたいと思うのです。

そのため、うなずきがうまい人は話がうまい人でもあり、

自分があまり話さないとしても、話を盛り上げることにつながっていきます。

モテる話し方のポイントは、しっかりと話す、うなずきをする、この2点です。

まず、話をするのであれば相手に伝えることが条件であり、

そのためには大きな声で、はっきりと話すことが求められます。

小さい声では相手に伝わらず、盛り上げることもすくないでしょう。

また、聞くことも大切であり、一方的に話しているだけではいけません。

モテるためには双方向のコミュニケーションが大切であり、聞くことも話すことにつながっていきます。

モテるためには、話すと聞くの両方に気をつけなければならないのです。

モテる話し方3個の関連記事