彼女と喧嘩した時に仲直りする方法3個

彼女と喧嘩した時に仲直りする方法3個

彼女とケンカしてしまった時、なるべく早く仲直りしたいものですよね。

でもなかなかお互い意地を張ってなかなか仲直りすることは難しいでしょう。

今回はそんなケンカした彼女と仲直りする方法をご紹介します。

1.自分の非を認めてとにかく謝る

ケンカした時にもっとも大切な事は、とにもかくにも「謝ること」です。

例え自分には全く非がないと思うようなことでも、
「俺が悪かった」と謝る事で彼女の気持ち、彼女の怒りは和らぐのです。

例えば彼女が浮気をしてしまったとします。

あなたがその事を問い詰めてケンカになったとしても、あなたは謝らなくてはいけません。

自分は何もしていないのになぜ謝らなければいけないのかと思うでしょうが、

それでも「ごめんなさい」と謝る要素はあります。

「浮気をさせてしまってごめん。

俺が不甲斐ないばっかりにお前に寂しい思いをさせてごめんな」なんて、

考えれば色々と原因になりそうな事は浮かんできます。

間違っても「悪いのはお前だから俺は謝る必要なんてない」とは思わないで下さいね。

例えその意見が正論だったとしても、ケンカしている時に、

そんな正論を彼女に振りかざしたところで火に油を注ぐだけの結果にしかなりません。

自分のプライドがそんなことは許さない、と思われるかもしれませんが、

ケンカが長引いて無駄に険悪な時間を過ごすよりは、

早いうちに彼女の気持ちをなだめる方が賢明な判断と言えるでしょう。

2.謝った上で彼女の事を褒めちぎる

自分は100%悪くなかったとしても「むこうが謝って当たり前」

「お前が先に謝ってこい」といった態度をあらわしてしまったら彼女の心は離れてしまう事でしょう。

例え彼女が「私の方が悪かったな」と思っていても、

あなたが謝って当然といった態度を取っている限り素直に謝る気持ちにはなれません。

お互いに仲直りしたいという気持ちがあるのなら、いつかは仲直りする事が出来るでしょう。

けれども、その「いつか」はいつ来るのかわかりませんよね。

強情でプライドが高い人であれば数ヶ月間顔をあわしても無視し続けることが出来るという人もいます。

そんな状態で彼氏、彼女の関係が良好に続けられるわけがありませんよね。

まずはあなたの方から「俺も悪かった、ごめん」と謝罪の気持ちを伝え「俺はお前と仲直りがしたい。

お前と一緒に笑っていられる方が楽しいし幸せだから」と彼女を立てる言葉も一緒に添えることで、

彼女の気持ちは落ち着きを取り戻します。

冷静になって考えてみれば、彼女だって自分にも非があったかも、と思うかもしれません。

どちらが悪かった、という事は仲直りには関係のないことです。

おなたが少し大人になって「ケンカしててもやっぱりお前のこと好きだわ」

「怒った顔もかわいいよね」なんて言葉をかける事で少なくてもそれ以上悪化する事は避けられるでしょう。

もちろん、自分に非があるという場合は誠心誠意で謝罪する事が大前提ですよ。

3.謝った上で美味しいものをご馳走する

人は食べ物を食べている時に難しい事を考える事が出来なくなると言われています。

物事の判断を正確に下す事が難しくなります。

そういった事をふまえて、まずは謝罪をした上で、彼女に美味しいものをご馳走してあげると良いでしょう。

彼女がスイーツ好きならば、コンビニスイーツでも良いから、

とにかく甘いスイーツを用意して彼女の前に一刻も早く差し出しましょう。

「私が好きなのはこんなのじゃない、スイーツで誤魔化そうとしないでよ」と言われたとしても、

「それでもお前に喜んで欲しいから」といって食い下がるのです。

そして日を改めて「この前はごめんな」なんて言いながら、

より美味しいスイーツをプレゼントすれば彼女もきっと喜んでくれるはず。

むしろケンカする前よりもあなたの事を好きになってしまうでしょう。

最後は会話で仲直り

ケンカ中って相手が何を考えているのか分からなくて不安になってしまうものですよね。

そしてお互いに「自分は悪くない」と思っていたりしますから余計にややこしくなるんです。

2人の間で「ケンカしても大丈夫」という気持ちがあるのなら出来るだけ早く仲直りする事が大事です。

謝った上で「本当はこんなふうに思っていたんだ」とか

「もっとこうして欲しかっただけだよ」なんて会話をすることで、

お互いに歩み寄っていく姿勢を見せることが大切です。

彼女と喧嘩した時に仲直りする方法3個の関連記事