へなちょこな人の特徴6個

へなちょこな人の特徴6個

男らしく頼りがいがある人はとても素敵ですが、世の男性がそういった人ばかりではなく、

中にはへなちょこだと感じる人も多くいます。

では、へなちょこな人の特徴にはどういったものがあるのでしょうか。

1.気弱である

気が弱く、相手に対して強く出ることが苦手であると、人に軟弱な人、へなちょこな人という印象を与えてしまいがちです。

気が強く攻撃的な性格の人とは真逆の性格であり、優しさの裏返しである場合もありますが、

ここぞという時にはガツンと強気な態度を取ってほしいものですよね。

気弱であることが原因でへなちょこな印象を人に持たれたくない場合は、

話方や立ち振る舞いを変えるだけでも、大きく印象が変わりますよ。

2.声が小さい

いつも小さな声でぼそぼそと喋り歯切れの悪い態度を取っているような人も、へなちょこであると思われがちです。

内気で気弱な印象を与えてしまうため、頼りなく軟弱に思われてしまいます。

プライベートでは地味で冴えない人、また、自分に自身がないと声が小さくなってしまう傾向があるので、

心に余裕を持ち、常に堂々とした態度をとることができるように心がけましょう。

3.見た目に華奢である

内面がしっかりとした男らしい性格であっても、

筋肉の少ない華奢な体型をしていると、へなちょこに思われてしまう場合があります。

極端に痩せすぎていたり筋肉の少ない体型であると、人にもよりますが、体力や腕力がない人、という印象を与えかねません。

偏見や誤解の可能性もありますが、人からそのような印象を持たれないためにも、

適度な筋力トレーニングは必要なのかもしれませんね。

4.面倒なことから逃げたがる

面倒なことや難しい問題に直面した時に、それに果敢に挑戦するのではなく、

なんとかして逃げようということばかり考える人がいます。

精神的に未熟であり、成長しようという意志もないため、常に面倒なことから逃げようとする傾向があります。

何かに挑戦し、乗り越えた経験がないと、精神的に未熟でへなちょこな人になってしまいます。

なので周りの人にも頼りがいがなく信用もできない人、という不名誉な印象を与えてしまいます。

5.責任感がない

このタイプの人も面倒なことから逃げたがる傾向があります。

年齢を重ねるにつれて責任感は増していくものですが、へなちょこな人は年齢にかかわらず、責任感が薄い人が多いです。

自分に自身がなく気も弱いので、責任を取ること自体が考えられないのでしょう。

仕事で何かを任さなければいけないときはもちろんですが、

プライベートで何かをお願いするときもこのタイプの人には慎重になってしまいますよね。

6.過去にトラウマがある

過去に立ち直れないほどの大きな挫折を味わった、または信じていた人に裏切られたなど、

辛い体験をしたことがトラウマになっている場合にもへなちょこな人になってしまう傾向があります。

心の傷を乗り越えることができず、精神的に未熟なまま時間だけがすぎてしまったのです。

とても気の毒ですが、本人にその自覚があれば、心の傷を克服し、精神的に大きく成長することも可能です。

周りにこのタイプの人がいた場合には強力したり力になってあげることも大切です。

いかがでしたか。

精神的に未熟であったり、弱々しく頼りない雰囲気であったりする人を表す「へなちょこ」という言葉。

大人の男性であるならば、人にそのような印象は絶対に与えたくないものですよね。

へなちょこな印象を人に与えてしまう人にはいくつかの傾向があります。

もしその傾向に当てはまる部分があるのなら、意識的に改善してみましょう。

少しの意識で人に与える印象は大きく変わるものです。

へなちょこな人の特徴6個の関連記事